子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

1053件中 41〜50件表示

  • 活動日記
  • 2020.6.30(火曜日)

7月は再会・再開

a

6月30日は【夏越しの祓】

一年の半分が過ぎました。

私の住む地域では、水無月を食べる習慣があります。

 

半年の間の穢れを流し、

新たな気持ちでスタートする、

節目の行事です。

穢れがあるからこそ、畏敬の念に気づき、

謙虚になれるのかもしれないと思いました。

 

私はここ数日、

児童養護施設の関係の方と話す事が多かったです。

 

この半年で、

世の中は大きく変わりましたが、

お話をさせていただく方は、

どの方も、本当に気持ちよく丁寧に、そして明るい声でご対応くださいました。

 

いろんな環境の中で、前を向く大切さを教えていただいた気持ちです。

 

来月は、嬉しい再会、再開が待っています。

 

仕事帰りに和菓子屋さんに寄り、水無月を買いました。

 

和菓子屋さんではお客さんが途切れず

「水無月、1つください。」

「水無月、4つください。」と買って行かれます。

 

私は夫と私の分、2つ買いました。

 

どんな半年がこれから開けるのか(*^-^*)

 

爽やかに、夏を迎えましょう♪

 

(山崎)

すずき

より:

2020.7.2(木曜日)

涼やかですね。 動きだされたのでしょうか お会いできる日も、近いのかな だといいな。 こちらはタコを食べるといいと言うので タコ食べましたよ。

キャップ

より:

2020.7.2(木曜日)

再会と再開ですか。 何だか楽しそうですね。 わくわくします。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2020.6.29(月曜日)

感謝!! そして今できることを、コツコツと

a梅雨の晴れ間の月曜日、渥美半島でお花農家を営むNPO役員の荒木さんの地元へお花を頂きに参りました。高齢者施設やお世話になった方々へお届けする「お花の宅配便」も、今回で第5弾となります。途中の道で事故があり渋滞が予想されるということで、道の駅までお花を届けてくださるとの連絡が入り、そこで待ち合わせることになりました。

 

「道の駅めっくん」に到着。駐車場いっぽいに車が止められていましたが、中に入ると新鮮な野菜や果物が山と積まれ、主婦にとっては目がキラキラするほどの安さに感動、思わずメロン5個入1800円とキュウリ8本入り150円を買ってしまいました。(ちなみに自宅近くでは庶民的な八百屋さんでも、この大きさのメロンは1600700円、キュウリは3本で198円ほどですから、まさに破格です!!)

 

道の駅でテイクアウトのお弁当を買い、荒木さんの提案で近くの蔵王山に行きました。展望台からはまさに渥美半島全体が一望できる素晴らしい眺めで、目の前の風力発電のプロペラが低いうなり声を立てて回っています。下にはハート形の四つ葉のクローバーの花壇があり、「摘み取り無料」という立て看板があったので、有難く何本か摘ませていただきました。そして再び道の駅に戻り、荒木さんや波多野さんと別れました。

 

こうしてまたお花をたくさん頂戴したので、まず岩倉市で会社を経営されているKさんのところに伺いました。近くに行くと道端で待っていてくださり、中の立派な製作機械を見せていただきました。その後ソファでお茶をいただきながら、先生が「先程道の駅であまりにも安かったんで」と言ってお土産に渡されたトウモロコシとトマトのうち、早速トウモロコシをレンジで温めて出してくださりご馳走になりました。今年初めてのトウモロコシ、そのさりげないお心遣いとともに頂戴し、とても有難くおいしかったです♪

 

Kさんとは同市内の大型商業施設で演奏させていただいた時に、たまたまご夫婦で買い物にいらして聴いてくださった上にその場で私共の活動に対して温かいご支援を賜り、それ以来ご縁を頂戴し、いろいろとご教示いただいております。これまでのご苦労をユーモアを交えてあれこれお話を伺う中で、人様とのお付き合いの中で大事にされてこられたことなど、今後私共の活動の中でも大いに参考にさせていただけることが多々ありました。貴重な機会を、本当にありがとうございました。

 

その後、もう一人、いつも演奏をお聴きいただきいろいろとお世話になっている名古屋市内のTさんのところに伺いました。Tさんのお宅では最近娘さんが出産されたと聴いていたので、近くのベビー用品のお店に寄り、ベビー服・スタイ・靴下・ガラガラ等を購入しプレゼント用に包んでいただきました。(久しぶりにベビー用品コーナーに行きましたが、赤ちゃんのものを買うって、なんだかとても幸せな気分にさせていただけるなぁと改めて思いました♪) Tさんのお宅に伺い、頂戴したガーベラの花束とともに、プレゼントをお渡ししました。するとTさんの娘さんが赤ちゃん抱いて出てきてくださり、ホントに小さくて目を閉じて静かに眠っている赤ちゃんの姿に、「お母さん、がんばって!!」と心から願いました。

 

今回もまたお花を通じて人様との温かいつながりを感じ、心から感謝させられるとともに、今、自分たちのできることを地道にコツコツ一生懸命やらなければと、改めて強く励まされました。皆様、本当にありがとうございました!!

                                                  (谷川)

トマト

より:

2020.6.30(火曜日)

綺麗な景色! 四つ葉のクローバーが摘み取り無料とは そんなに四つ葉があるんですか 赤ちゃんって、見ているだけで幸せな気持ちにしてくれます 本当に天使ですね。 若いお母さんに、頑張ってと思います。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2020.6.28(日曜日)

千葉県の大型商業施設

新型コロナウィルスによるイベントの自粛で中止になりました。

  • 活動日記
  • 2020.6.27(土曜日)

相手の事を思って

x朝10時から18時30分まで、事務所で、事務作業を行いました。

6月24日の事務作業の続きをしました。

認定に関する書類ですので、一つの間違えがあってもいけません。

集中して何度も見直しをしました。

 

今日も、リーダーお手製のお昼ご飯をご馳走になりました。

野菜がたっぷり入った「卵とじうどん」です。

リーダーの愛情のこもった手料理は栄養満点で、午後からの活力になります。

デザートに、谷川さんが持ってきてくださった美味しいプリンをいただきました。

 

リーダーは、お世話になっている大型商業施設様へのお手紙を書かれていました。

お手紙には、リーダーが書いた色鮮やかな赤い金魚が添えられます。

その金魚からは、ほのかないい香りがします。

いつもリーダーは、ガラスの瓶に匂い袋を入れ、その中に挿絵を入れ匂いを沁みこませます。

こんなお手紙を受け取った方は、どんな表情をするのだろうと想像してしまいます。

 

リーダーのように、お手紙の一つにも、相手のことを思って気遣いされることは

いつも感謝の気持ちをもっているから自然に出来る事だと感じました。

認定に向けて、もっとも必要なことだと思いました。

 

今日も、大変お世話になり、ありがとうございました。

こうして、一つ一つの作業に関われることに感謝です。

(波多野)

  • 活動日記
  • 2020.6.26(金曜日)

大型商業施設での子育て支援事業

IMG_2220大型商業施設は買い物、食事、遊び、映画鑑賞など、

一日中快適に楽しめる気の利いた空間になっています。

 

土日、祝日ともなれば、

すぐ近くのコンパクトな遊園地といった気分になれるのか、

若い親子連れが朝早くから沢山おいでになります。

 

大型商業施設では様々な年齢層の支援活動を通じて、

ご来店いただいたお客様に心から満足してお帰り頂けるよう

細心の心遣いをしていらっしゃるように感じます。

 

そんな演奏会場で「すくすく合奏団」がお役に立てるのは何かと考えた時

迷わず5人のうち4人が教育者であるという特徴を生かす企画を立てました。

 

子どもに少しでも生演奏の迫力を身近に感じていただこうと

演奏場所のすぐ前にカーペットを敷きました。

バイオリンの生音を耳のすぐ横で聴かせたり

幼稚園教諭のリードでお遊戯なども行います。

 

バイオリンに合わせて元気よくお遊戯する我が子を

携帯で何枚も写真に収めるご両親の仲睦ましい姿。

 

それをにこやかにご覧になりながら応援される高齢者の方々。

子ども達の笑顔と元気な姿が

会場の人々に「絆」をつくってくれます。

 

最後に司会者が会場に向かってお願いをします。

 

「子どもは社会全体の宝物です。

子連れの親御さんを観かけたら

(子育て、がんばってね)

(いい子ですね)

(子どもって本当にかわいいわね)

などと優しい声をかけてあげてください。

それで、ママ達は(子育てをがんばろう)と思えるのです」と。

 

この時、会場の皆さんが一つになってとてもいい顔をされるのを確認できることが

私達だけに与えられた特権となります。

 

最後のお礼を申し上げ

すくすくメールの回収にあたります。

申し込んだママ達は、翌日からすくすくメールを拝読してくださいます。

 

こうして職員の方々の温かいご理解とご支援により、

大型商業施設での子育て支援事業が成り立っています。

 

心より感謝申し上げます。

大型商業施設での演奏再開の日が、1日も早く訪れることを心から願っています。

 

                                    (長田)

あかね

より:

2020.6.26(金曜日)

私も早く 聞きたいです。 楽しみに待ってます。

アオキ

より:

2020.6.27(土曜日)

私も、子どもたちの笑顔に元気を頂いていました。 楽しい演奏も、楽しみでした。 一日でも早く、お目にかかれるこよを、願っています。 いろいろ大変な時 お互いに頑張ることが出来たらと思います。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2020.6.24(水曜日)

たくさんの実をつけていく大切さ

c朝10時から16時30分まで、事務所で、事務作業を行いました。

コロナウィルス為の自粛で、事務所での作業は二ヶ月半ぶりです。

オンライン会議は、平日毎日行われていますが、実際に顔を合わせての事務作業は、

仲間の近況なども聞けたり、笑顔がこぼれとても楽しい時間です。

 

お昼ご飯は、リーダーお手製の「あんかけうどん」をご馳走になりました。

九条ネギなどの野菜がたっぷり入った絶品のうどんです。

久しぶりにリーダーの愛情のこもった手料理をご馳走になり、心も体も温かくなりました。

「同じ釜の飯」をいただき、午後からの事務作業にも力が入りました。

 

大谷さんを中心にコツコツ作成された書類は膨大な量になっています。

一つ一つの書類に今まで活動してきた、私達の足跡が残されていきます。

 

今日は、大変お世話になり、ありがとうございました。

帰りには、大谷さんから佐藤錦のサクランボをいただきました。

旦那様がふるさと納税で送られてきたものだそうです。

家について家族で頂きました。

「あー、美味しいねぇ。日本に生まれて良かった」。

新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない国がまだ沢山ある中

義母の飾らない感謝の言葉で励まされました。

 

小さな実でも、多くの人達の笑顔を誘い、感動させることができます。

認定になれたら、人々の心の中に沢山の夢と希望を実らせなくてはなりません。

(波多野)

  • 活動日記
  • 2020.6.23(火曜日)

シンクロニシティ(同時発生)

n

シンクロニシティとはユングが提唱した概念で、「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では

「共時性」「同時性」「同時発生」と訳されています。

 

今朝は「人から与えられる苦痛」に3度も振り回されてイヤな思いをしましたが、

冷静に振り返れば全ての発生源は私にあり、新たな生き方を教えられた一日となりました。

 

大切な書類がないことに気付いて散々探し回った揚げ句に、「こんな書類を見なかった?」と申し訳なさそうに尋ねると、夫は急に神妙な顔になって外へ。収集車に回収される前のゴミ袋からそれは探し出され、夫から無事受け取ることができました。

その直後に、今度は印鑑がないことに気付き、Tさんに預けたことを思い出しましたが、(優秀な彼女だから、返してもらったに違いない)と決め込んで自分を責めることにつながり、必死に探したのですが降参。恐縮してTさんに電話をかけると、その向こうから「ごめんなさい、持っています」の思ってもみない返事。安堵も加わって崩れそうになりました。

その後でОさんを待って駐車場前の道路に停車していると、Оさんが来て「事務所に荷物を置いてくる。すぐに戻る」と言われ、車のキーを付けたままの事務所のキーを貸す。しかし、ちっとも帰ってこないとハラハラしながら待っていると、案の定、駐車場から出ようとした車から思いっきりクラクションを鳴らされ嫌な顔をされることに。その後にようやく戻って来たОさんから「大きなクモが居て格闘していた」と言われて唖然としました。

 

これを意味ある偶然として捉えると

は、大切な書類は必ず机の上に置く。

は、自分の印鑑は貸さない。

は、車に乗っている限り、キーは装着する。

ということを教えられたと分かります。

 

シンクロニシティは、「虫の知らせ」的な発想だとあります。

私が負ったこれらの三つの連続した苦痛は、

「物を大切に扱わない欠点を三回も続けて指摘された」と考え、

ここでしっかり改善しないと取り返しのつかない大失敗を起こすことになると教えられた思いでした。

 

当たり前の生活を失った後から、

元通りの生活を望む姿勢などは、あまりにも愚かです。

 

新型コロナウィルスの後に別の天災が重なり、大規模なシンクロニシティにならないよう

「あなたの生き方を新しくここでしかと見直せ」と言われていると思うことが

今の私たちにはとても必要なことではないでしょうか。

(長田)

mika

より:

2020.6.26(金曜日)

元通りではなくて 新しい生活ですね。 一度壊したものは、元通りには 戻らないですからね。 今はめんどくさいことでも、慣れてしまえば いつもの通りになるんですね。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記

再会♪

x

2020.6.23(火曜日)

去年の夏に伺った、

児童養護施設に、来月伺う事が決まりました。

 

綺麗に整った会場に、私たちを迎える為に手づくりの横断幕が上がっていました。

 

一人一人の傍に寄り、バイオリンを聴いていただいたり、アニメソングに合わせて歌ったり、踊ったり。

 

クーラーの効いた涼しいホールの中でも、汗だくになりました。

 

最後、みんなで大集合して撮った写真に並んだ笑顔♪笑顔♪

楽しかった! ホント、楽しかった!

 

後日、いただいたお手紙に、お礼の言葉が溢れていました。

 

温かい居場所には、温かい関係が生まれるのですね(*^-^*)

 

さあ、来月の再会に向けて、準備をはじめます。

 

いろんな事があったね・・・

だからこそ、みんなで楽しみましょう(*^-^*)

 

体温計での検温が追加される時代になりましたが、元気!です!

 

私たちも♪

きっと、子どもたちも♪

 

(山崎)

  • 活動日記
  • 2020.6.21(日曜日)

名古屋市内の大型商業施設

新型コロナウィルスによるイベントの自粛で中止になりました。

  • 活動日記
  • 2020.6.20(土曜日)

東は埼玉から西は京都までワープ

20200620_160342

今日は、月に一度開催される勉強会です。

もう十年以上も、私達はリーダー長田先生からご指導をいただきながら学んでいます。

 

今夜は14名が集まりました。

東は埼玉から、西は京都まで。

 

今まで、勉強会は名古屋で行われ、

全国津々浦々から、仲間が集合していたのですが、

緊急事態宣言がでた後【オンライン方式】での開催になっています。

 

コロナは、多くの人にとんでもない不を運んできましたが、

それによって工夫をしたり、考え方を変えたりと、

違う角度から見るきっかけをくれたと感じています。

 

開始時間にパソコンの前に座ると、画面に仲間全員の顔が見えます。

 

メールや電話だけでは事足りない、言葉の響きや表情も伝わります。

 

直接会い感じる空気は、残念ながら伝わってきませんが、

その分、直接会う時の大切さも、

痛感する様になりました。

 

そして何より、トントントンと13段の階段を上がり(家の場合は・・・)

2階の部屋に移動し、パソコンを立ち上げるだけで開始。

会場に向かう、往復4時間の時間が、オンラインになると必要なくなります。

 

本当に、どんな事でもプラスとマイナスがあるのだと思いました。

 

という事は、いただいた時間を何に使うか・・・

 

今夜の勉強会で一番心に残ったのは、

妻として、母親として、女性らしい心の大切さです。

 

そうか・・・

今まで、作り置きして出かけた夕食を、作り置きしなくていいんだ。

小さな事ですが、こんな積み重ねが女性かな・・・と思った夜でした。

 

(山崎)