子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

1064件中 81〜90件表示

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 107
  • 活動日記
  • 2020.6.1(月曜日)

コロナと虫に御用心

6月1日網戸に、季節を知らせる美しい来訪者です。

コロナ騒動で季節を忘れがちなこの頃、

《自然はちゃんと動いているよ》と教えられた気がして、ホッと笑顔になれました。

夏にはホタルなどの人を和ませてくれる虫がいますが

強烈な殺人者が出没することをご存じでしょうか。

 

下記は、マイクロソフトの創始者、ビル・ゲイツ氏のブログに投稿された、

世界で最も人間を殺している動物ランキングです。

《下記は一年間の事故件数を表したものです》

ライオン・・・22人

象・・・500人

カバ・・・500人

ワニ・・・4,500人

寄生虫・・・4,500人

ツェツェバエ・・・10,000人

カタツムリ・・・20,000人

犬・・・35,000人

蛇・・・100,000人

新型コロナウィルス・・360,000人

人間・・・440,000人(戦争など)

蚊・・・750,000人

 

みなさん、今年の夏は「コロナ」だけでなく「蚊」にも十分にお気をつけください。

夏を知らせてくれたアゲハ蝶の訪問に感謝!

                   (長田)

  • 活動日記
  • 2020.5.31(日曜日)

頑張れ!子どもたち!

5月31日自粛が解除され学校も再開されました。

仲間が勤務している小学校の現在の様子を聞かせてもらいました。

 

●毎朝、家で検温して健康観察をして『健康チェックカード』に記入して持参。

●学校の玄関でマスク・検温の確認とアルコール消毒をしてから各教室に入る。

 

●授業を受ける時、机は前向きで前後左右間隔を開けて座る。

●ペアやグループ学習、合唱、調理実習等は当分の間は行わず、友達と遊んだり、話をする時は、近づき過ぎずに間隔をとる。

 

●トイレや手洗いは床や廊下に印がつけてあり、間隔を取る。

●給食も前向きになって食べる。

●教師は顔の前にガードマスクを付ける。

 

●登下校は密にならないように離れすぎず、話しすぎずに歩く。

●学校に新型コロナウイルス感染防止対応では、小まめな手洗い、うがい、換気、間隔をとることが決まり。

 

こんなに雁字搦めのような決まりがあるのに、

仲間は

「手洗いや消毒はまめにやっているけど、間隔を取って遊ぶとか話すなんて無理なので、

久しぶりの登校でみんな嬉しそうに近づいて仲良く遊んでいますよ」

と笑顔で話してくれました。

 

小学校で新しい学校生活様式が、こんなにも徹底されていることに驚きました。

でも、学校から帰宅した近所の子どもたちは笑顔いっぱいで

「友だちに会えてうれしかった!」

「疲れた!」と楽しそうでした。

子どもが登校する姿って、本当に感動的ですね。

今迄ならありきたりの光景が、こんなに感動できることだったなんて思ってもみませんでした。

やっぱり子どもは、親の宝であり、社会全体の宝に違いありませんよね。

子ども達を皆で守りましょう。

(波多野)

  • 活動日記
  • 2020.5.30(土曜日)

千葉県の大型商業施設

国の要請により、新型コロナウィルスによるイベントの自粛で中止になりました。

  • 活動日記

みんな、人様の大切な子ども

5ga302020.5.30(土曜日)

 

明日は、バイオリンの個人レッスンの日です。

 

プロの演奏家の先生に、レッスンをしていただいています。

メンバーと同じ先生にレッスンをしていただく為、

私は京都から名古屋に行きます。

 

バイオリンの先生は、私よりうんと若い男性の先生です。

懐の深い先生に、私はお世話になりっぱなしです。

 

リーダーはよく、

お世話になる方の、親御さんの気持ちになってごらんと言われます。

 

誰でもみんな、人様の大切な子どもですよ、と、

人様を大切にする事を、いつも教えてくださいます。

 

私も母親です。

我が子はどんな方と接しているのかな。

元気だろうか。

ちゃんと、ご飯は食べているだろうか。

と、気になります。

 

きっと、どの母親も同じですね。

 

 

私が、バイオリンでお世話になっている先生のお母さんも、

そうだろうなと思います。

 

私事ですが、愛知には息子夫婦が住んでいて、

愛知に行く時は、時々、差し入れをします。

 

若い夫婦が楽な様に、温めたら食べられたり、

なかなか買えないかなと思うような物を。

 

今回は、息子夫婦と、ほんの少しですが、

バイオリンの先生にも頂いてもらいたいと思います。

お世話になりっぱなしの、せめてもの感謝の気持ちです。

 

これに、息子リクエストの55●の豚まんを、

明朝たくさん買ったら、

お届け物完了!

その足で、名古屋へ行きます。

 

雨・・・降りませんように・・・

 

(山崎)

  • 活動日記
  • 2020.5.29(金曜日)

監事のAさんを紹介します。

5gtu29niti お花を作っているAさんがいらっしゃいます。

Aさんは当法人の監事で

私達の演奏先に遠い所から何度も足を運んでくださり

貴重な意見をくださるなど、長いお付き合いがあります。

 

Aさんの知り合いが作っていらっしゃるガーベラと

Aさんが作っていらっしゃるアルストロメリアを受け取りに

みんなで渥美半島へ向かいました。

残念ながら曇りで美しい景色は見えませんでしたが

Aさんと、Aさんがお住いの地域があまりにも素朴で、

あまりにも雄大で

コロナの自粛で疲れていたみんなの心がパッと洗われました。

 

長田先生は

「こんな素朴でネイチャーな地域に住んで

専業農家を経営していらっしゃるAさんに、

当法人の監事を務めていただくことは本当に大正解です。

特定非営利活動法人の監事にAさんがある限り、

なんだかホッとした気分になれるから不思議です。

Aさんに監事をお願いして良かった」と高く評価していらっしゃいます。

 

Aさんの旦那様が

「これ、全部持って行っていいですよ。散歩に行くといっぱい採れるから」と

大きな樽二つを指さされました。

 

なんと二つの樽の中は、大きくて、元気よく潮を吹いているアサリの山。

渥美半島のアサリは、おいしくて大粒で評判なのです。

 

こんな立派なアサリが、散歩の途中で採れるというのですから

それだけでも心が穏やかになれるに違いありません。

 

家に帰って、さっそくアサリをいただきました。

今までこんな立派なアサリを食べたことはないと確信できるほど

大粒で、プリップリで、その美味しいこと。

Aさんは少しも無理をせず、ありのままで私達をこんなに感動させてくださいます。

長田先生のAさんに対する高い評価に、改めて頷けた一日でした。

                               (高田)

  • 活動日記

すくすく合奏団「かけっことびっこ」のバイオリン演奏動画 平和堂アプリの公式YouTubeチャンネルの『おウチであそぼうはとっぴーTube』に公開していただきました!!

八トッピー

「平和堂のイメージキャラクター はとっぴー」

2020.5.29(金曜日)

新型コロナウイルス感染拡大により、ここ数か月の私共の大型商業施設等での演奏活動も、ほぼ全面中止となり、「今、できること」としてマスクやお花の宅配便など、様々な取り組みをしておりますが、そうした中で4月初、いつも演奏でお世話になっている大型商業施設「株式会社 平和堂」の本部イベントご担当のM様より「★平和堂YouTubeメッセージ動画(コロナ).」のお話を頂戴し、早速喜んで参加させていただくことに致しました。

ただ、4/7に政府の緊急事態宣言が全国的に発令され、スタジオ等は使用できず、また他県のメンバーの参加も難しい中、何とか4月中旬にメンバーの自宅を借りて動画を撮影いたしました。

当日は天候が悪く、雷が鳴って冰まで降りましたので、お陰様で演奏の音が消されて近所にご迷惑をおかけることなく収録ができて有難かったです。

演奏したのは、いつも私共のコンサートで「平和堂」の各店に伺う際、開店時に必ず演奏させていただきます平和堂のイメージソングである「かけっことびっこ」で、また、その際いつも舞台を可愛く元気づけてくださる同社のイメージキャラクターである「はとっぴー」のイラストにもご協力いただき、今回の動画を撮影しました。

収録後には皆でテイクアウトの牛丼をいただき、すっかり青空が広がった庭にカタツムリの姿を観るなど、久しぶりの仲間との演奏に、とても平和な気持ちにさせていただきました。

さて、昨日、担当のM様から、その動画が「平和堂アプリの公式YouTubeチャンネルの『おウチであそぼう はとっぴーTube』に公開」されたとのご連絡をいただきましたので、早速、活動日記にアップさせていただきます。

https://youtu.be/IGO6kdlMRis

また、携帯アプリからも入れます。可愛い「はとっぴー」の姿を、少しでも多くの方々にお楽しみいただければ幸いです♪

5/25に首都圏や北海道を含め全国的に緊急事態宣言が解除されて数日しかたっておらず、「3密」を避け、マスクを着用、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を常に意識して行動しなければならず、まだまだいろいろな意味で本格的な「再開」とまではいかない今日この頃ですが、少なくとも、新たな一歩を踏み出したことは間違いありません。

また是非お客様の前で演奏させていただけるような、今後の本格的な演奏活動の再開に向けて、今、できることを考え、しっかりと準備し、動いてまいりたいと思います。

平和堂の皆様、貴重な機会を、ありがとうございました!!

(谷川)

  • 活動日記
  • 2020.5.27(水曜日)

ご縁をありがとうございます

5月27日私たちの大事なお客様のIさんは、新型コロナウィルスの影響で次々と演奏会が中止になる中

「すくすく合奏団」のバイオリン演奏を、本当に楽しみにしています」と言ってくださいます。

 

以前、Iさんが近くの大型商業施設に行かれ、

2階で買い物をしているとバイオリンの音が聴こえてきたそうです。

急いでエレベターで下に降りたら、私達のバイオリン演奏に驚き

「こんな凄いのやっている」と運命を感じたと言ってくださいました。

こんな言葉をお客様からいただけるなんて、演奏家として最高の幸せ者だと思いました。

 

それからIさんは、毎月行われるすくすく合奏団の演奏会に、毎回足を運んでくださいました。

まるで、すくすく合奏団の応援団みたいな温かい熱意をくださって、心から頼もしい存在でした。

 

Iさんが、バイオリンを好きになったきっかけは、地元で1年に1度開かれるコンサートを聴いて、

「なんてきれいな音だろう」とバイオリンの虜になったそうです。

それまでは、歌謡曲ばかり聴いていて、バイオリンなんて聴いたこともなかったそうです。

 

Iさんのお話は、なかなか学べないような貴重な内容ばかりです。

これからは「お客さま」ではなく、良き先輩としてどんどん見習いたいと思いました。

Iさん、これからもご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

 

                                (波多野)

  • 活動日記
  • 2020.5.26(火曜日)

子育て支援

5gatu 27niti 4当法人は、長年《子育て支援》を軸に活動をしています。

 

私的な事になりますが、私の本業は幼稚園の先生です。

ここ数年、子育て支援事業に参加をされる親子の多さに驚いています。

 

昔も今も、だれだって子育てははじめての体験で、

バタバタ、ドキドキ、そしてワクワクの連続かなと、

自分を振り返り思います。

 

バイオリンを手に、

大型商業施設、保育園、児童館、子育て支援センター等、

本当にいろんな所に伺いますが、

そこで出会う若いママや小さなお子さん達は、素直で新鮮です。

 

コロナで、今までの様に元気を発散する場所が減り、

本当に大変な時を過ごしておられるのかな、と想像しています。

 

保育室のおもちゃ達も、

遊んでくれる相手がいなくて、この様子・・・

 

少しずつでも、子ども達が元の場所に戻れる日を切に願います。

 

休日明け、思わず「ママ!」と呼ばれていた私も、

最近では思わず「ばーば!」と言われるようになりました。

 

私達メンバー全員「ばーば」世代になりましたが、

「ばーば」だからこそ出来る事がある!と信じて、

これからも子育て支援に関わっていきたいと思っています。

 

自分たちの子育て・・・

失敗も反省も、そして楽しかった想い出もたくさんあります。

 

それが活かせることを願って♪

 

(山崎)

  • 活動日記
  • 2020.5.25(月曜日)

今月のレッスン

SONY DSC私達は全員、オーケストラで演奏される現役のバイオリニストからレッスンを受けています。

 

オサスタを使わせて頂いていますが

新型コロナウィルスの感染拡大予防の為

店舗自体が休業されてしまい

レッスンをしていただくことが出来ませんでした。

 

レッスンの1時間は、本当に早く過ぎていきます。

貴重な時間を、集中して学びます。

なんといっても、講師と現役演奏者では魅力が違います。

現場で演奏していらっしゃる方には、演奏における力と知恵が溢れています。

 

国の自粛要請によって、今までよりずいぶん自分の時間が増えました。

「今しかできないことをしていきましょう」

リーダーから常に教わることです。

 

今の自分が家族にできること。

母親らしく温かく振る舞えるように努めることです。

それは非営利活動をする時にも、

若い親子に温かい、母親らしい気配りができるようになれるからです。

 

今の自分がNPО法人日本家庭教育再生機構にできること。

とにかく非営利活動の素晴らしさと大切さを大いに学び

健康であるうちは少しでも若い母親達のお役に立てるよう

とにかく正しく考えて行動していくことだと思っています。

 

今まで通りにはならない日々の中で

強くたくましく生き抜けるよう、よくよく考えながら努力して参ります。

                                 (高田)

  • 活動日記
  • 2020.5.24(日曜日)

母親の命日でした。

ペンギン3個人的な報告で申し訳ありません。

本日は母の命日だったので、

兄弟三人と、妹と私の夫を合わせて、合計5人で飛騨の実家へと向かいました。

 

56歳という若さで亡くなった母とは

たった18年だけの短い付き合いで終わりました。

私が名古屋に移り住んだからです。

 

私が幼い頃、

母はよく

「死んで花実が咲くものか」と言いました。

それで私は墓前で、必ず心の中で語り掛けることがあります。

「あなたが死んでも、私達子どもが社会の中でこうやってしっかり咲いていますよ」。

 

子どもは親のかけがえのない宝物ですが

国の将来を背負って立つ、日本の大事な宝でもあることを

私達は決して忘れてはなりません。

 

子どもが本当に少なくなりました。

だからこそ、みんなで若い親子を大切に守り育てていかねばなりません。

 

いつの世も、社会に花実を咲かせるのは子ども達なのですから。

                                    (長田)

 

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 107