子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

13件中 1〜10件表示

  • 活動日記
  • 2019.2.25(月曜日)

京都大学医学部附属病院きさらぎコンサートで演奏して参りました。

DSC_0083_20190226114913名古屋から京都までボランティアコンサートのために6人で出向し、京都で1名と合流。

全員が自宅へ戻れたのは深夜近くになりました。

朝の出発は8時と遅かったものの、片道140キロほどを1日で往復。合計280キロ以上。

帰ってからパソコンを開けると、職員の方から「延べ300人近い患者さんやご家族の方がご覧になられていたようです」というメールが入っていて、改めて大型総合病院のロビーコンサートの深さを知らされた思いでした。

大型総合病院のロビーコンサートですが、この病院の演奏は今回で2回目となりました。多くの応募者の中から選ばれたのは嬉しい限りでしたが、初回に聴いて下さる方がたいへん多かったので心して伺いました。

私達の目的は1点、「バイオリン演奏とトークによって、患者さんやそのご家族の心の癒しになりたい」というものです。

会場に敷かれた赤手毛氈。さすがに京都です。和服の演奏にピッタリ合って、とても有り難かったです。

聴いてくださる患者さんの数は前回より少なく感じましたが、とにかく頑張ろうと演奏。

マイクがハウリングしてなかなかいうことを利かず、最初はこれで思うように運ばず。最後はなんと匠のCDの調子悪く、心の中で「患者さんのためになりたいの。頼むから戻って」と心の中で叫び、祈りながら、いつでもストップさせる状態でおりましたが、3分の2が正常に戻ってくれたのでホッとしました。

職員の方より頂いたメールにあった「開催してよかったと思えるようなコンサートになりました。」と文字に、心身の1日の疲れもフッとどこかへ飛んでいきました。

今後は大型商業施設の演奏でお世話になる、滋賀県や岐阜県にも伺って、おおいにお役に立ちたいと思いました。

  • 活動日記
  • 2019.2.24(日曜日)

滋賀県の大型商業施設で演奏をさせていただきました。

DSC_0080_20190226110834二階部分に作られた小さな客席。ここにお客様が座って下さるんだろうかと心配しましたが、時間になると立ち見まで出る結果となり、とても安心し嬉しく思いました。

 

一部のステージではお子さまの参加も多かったため「親子のバイオリン体験」を入れました。若いママと三歳の男の子が参加してくださり、それをパパが嬉しそうに携帯に納めていらっしゃいました。

 微笑ましい親子の姿に、お客さまも目を細めていらっしゃったのが印象的でした。

 

二部は「聴くぞ」といった前向きな姿勢で聴いて下さるお客様が多く、一曲一曲を真剣に聴いて味わい、曲の説明も頷きながら熱心に参加して下さるお客様がほとんどであったことに、こちらが驚きました。

 静かな曲を選んでお届け致しました。

 

「またお会いしましょう」と笑顔でお別れできました。

 

お昼に生鮮食品を買っていると、ご年配の男性が

 「あんたら、この間の祭りで弾いてただろう。今度もこなアカンわ」

 と言って下さったり

 一方で別のご年配の女性が

 「着物着ていて、アンタ達はこの間来た畠山みどりさんみたいや。いいなぁ、後で行くわ」

 と言われ、お二人とも最後まで聴いて下さったことが嬉しかったです。

 

気さくにお声をかけていただけることは、本当にありがたいことです。

 

2日京都方面だったので、本日は名古屋に一旦帰ってゆったりしています。

 

明日はまた京都へ行き、京都大学医学部附属病院でのロビーコンサートです。

 

看護婦さん達が「すくすく合奏団」を推薦して下さったようです。

 150200人以上の方々に聴いて頂く、本格的なロビーコンサートになると思われます。

 

  • 活動日記
  • 2019.2.23(土曜日)

京都の児童養護施設で演奏しました。

児童養護施設京都 最初の演奏は「愛の夢」。子ども達は静かに聴いてくれました。

 さて、残酷な天使のテ―ゼを弾いたのですが、リーダーだけが子ども達の間をバイオリンを弾きながら練り歩き、足で子ども達の足を挟んだりするので、子ども達は「キャー」などと言いながら奇声を上げて大喜びです。

 

ここで大いに気を良くしてリラックスした子ども達は、山崎さんのリードによって手話、お遊戯、歌などを一気に楽しんでいました。

 

子ども達も職員の方達もたいへん明るくて、こちらが励まされ元気にして頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

 

深刻な問題を抱えている子ども達を、ここまで明るく元気に育てられる職員さん達の日々の指導力にただ脱帽です。

 

私達は、どうかこの笑顔がずうっと続きますようにと祈ることしかできませんが、また再訪させていただければ嬉しいと思いました。

 

素晴らしい経験を、心より感謝申し上げます。

  • 活動日記

滋賀県の大型商業施設で演奏をさせていただきました。

20190223-115338(1)なるべく会場が大きく見えるよう、客席の配置に気を配りました。

 

ステージが始まる四十分前に「バイオリン体験」を開始。

 若い親子に「バイオリンを体験しませんか」とお声をかけさせていただき、積極的な参加を得ることができました。

 「すごい、すごい」「わぁ、カッコいい」と親御さんの方が大喜びで、お子さんのバイオリンを弾く姿を嬉しそうに何枚も写メに納めていらっしゃいました。

 

二十分間のバイオリン体験を終わり、それから呼び込みの活動を開始。たくさんのお客様にお座り頂きました。

 

大人中心のステージになりましたが親子のバイオリン体験と、子ども達のお耳のすぐ傍でバイオリン演奏をする企画は実行。とても喜んで頂き、ここでも写メをいっぱい撮っていらっしゃる嬉しそうな親御さん達の姿を拝見しました。

 

お昼、生鮮食品をお買い物していると「前も聴いたんだよ。今度はいつ来るの」「お疲れさんやね。最初の時からファンだよ」と数人のお客様に温かくお声をかけて頂き心より嬉しく思いました。

 

次回は夏にお邪魔させていただきます。

 

  • 活動日記
  • 2019.2.17(日曜日)

名古屋市内の児童養護施設で演奏をさせていただきました。

20190218_171832児童養護施設に演奏に伺いました。

二回目の訪問先でしたから様子は分かっていましたが、気を抜くことはダメです。

伺う以上は、子ども達の心の中に「教育」という形で、何かしら残して帰ってこなくては人さまのお役に立てたとは言えません。

二回目ということもあり、開始前から演奏する会場に腰かけて待ってくれる子どもがいました。

二時になると、可愛らしい幼児たちが職員の方達に連れられてゾロゾロと入場しました。

続いて大きな女の子達が入場し、全部で20人ほどの子ども達が揃いました。

一時的に親御さんと一緒に過ごす子どもたちもいて、いつもより少ない人数だとのことでした。

職員さん四人が付き添って下さり、最初は「メンバーの四人が教育者であり、今日はバイオリンを通して何かを教え伝えたい」とご挨拶をして、演奏会の目的を伝えました。

生音もお披露目してから、演奏にかかりました。

最初はバイオリンの音色を知って頂くために「リストの愛の夢」を演奏。これは、とても静かに聴いてくれました。

次は私だけが子ども達の席の方へ移動してバイオリンを演奏し、子ども達のテンションを上げることに全力を注ぎました。残酷な天使のテ―ゼを弾きながら、子ども達の座る位置に合わせて高くなって弾いたり低くなって弾いたり、座席の横の空いている席に座って弾いたり、子どもの前に来てお互いの膝と膝をくっつけるだけくっついて演奏したりすると、子ども達が歌いながらくすくす笑ってノッテいくのが手に取るように分かりました。

後から伺って知ったのですが、たまたま残酷な天使のテ―ゼが子ども達の好きな曲だったようで、ラッキーでした。歌詞カードも見ないで残酷な天使のテ―ゼを楽しそうに歌い、その反応の良さに私の気持ちも上昇して心から嬉しくなりました。

次の『トトロ』の曲から楽器とポンポンを持ってもらう事を決め、早速演奏前にそれを全員に配りますと、大きな子ども達が「私にも頂戴」と身を乗り出してタンバリンなどを要求してくれました。特に指導しなくても歌を口ずさむ子どもがほとんどになり、楽器を持ったりポンポンをもったりしてみんなで楽しむ状態が三曲目に完成していて本当に嬉しい限りでした。

活躍したのは、なんと言っても山崎と波多野でしょう。彼女達はやはり、子ども相手に現場で活躍しているだけのことはあります。

但し、養護施設の子ども達から今回の貴重な経験をたくさん頂けたことに、山崎と波多野が如何に感謝できるかどうかが一番大切なことであり決して自惚れることがあってはなりません。

子ども達が頂いた貴重な経験を、次の活動現場や教育現場で如何に生かし、如何に役立てて行けるかどうか・・・これを山崎や波多野の姿勢を通して観察して行きたいと思っています。

人から頂いた貴重な学びに心から感謝して努力し続けることは、自らの今後の成長に確かにつながって行くことを決して忘れてはなりません。

歌やお遊戯をしながら、山崎から習った手話。

みんなで長い列を作り、みんなに「凄い」「カッコいい」と褒められながら蔓延の笑みを浮かべて演奏したバイオリン体験。

子ども達にとって少しでも楽しい日になって頂けたら、こんな嬉しいことはありません。

一人一人の写真を撮る職員さんのお顔も、子ども達に負けないくらい笑顔でいっぱいでした。もちろん、私達も笑顔いっぱいで帰って来られたのはいうまでもありません。

幸せと笑顔を、本当にありがとうございました。

何より、たくさんの貴重な学びをありがとうございました。

これからもコツコツと努力を積み重ね、子どもに負けないよう日々勉強を重ねて参ります。

長田百合子

  • 活動日記
  • 2019.2.16(土曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSCF3036お客様がニコニコながらコンサートが始まるのを待っていて下さいます。

中には毎回差し入れをくださる方もいらっしゃり、本当に恐縮しています。

お客さまの温かいご配慮に、一体どのようにお応えすれば良いかと考えるのですが、少しでも、ゆったりとした気分で、明るい気分で、前向きな気分で帰って頂けるように、演奏やトークで精一杯努めるようにしております。

携帯で動画撮影して下さった中西さま、貴重なお時間をいっぱい頂き、2ステージともご拝聴して頂いた上に動画撮影までしていただいて感謝の思いでいっぱいです。

あれから頂いた動画を確認しましたが、携帯ではやはり音質が極めて悪く、特に高温が金属音になっていて聴けるような内容ではありませんでした。残念です。

動画は活用できなくなりましたが、私達の心の中には「なんて温かい方なんだろう」いった動かぬ思いが、中西様に対して確立致しました。

本当にありがとうございました。

そして、今後とも、改めましてどうぞ宜しくお願い致します。

バイオリン体験をして下さったお子さんから可愛らしい絵をたくさん頂きました。ママから「バイオリン体験がとても楽しかったから、お礼に娘が絵を描きました。ありがとうございました。」と笑顔のプレゼントです。

中西様を始め、お客様に励まされ、助けられた一日でした。

本当にありがとうございました。

リーダー長田

より:

2019.2.18(月曜日)

中西様 波多野のスマホが安物かもしれませんね(笑) とにかく高い音が金属音で、聴けたものではありませんでした。 残念です。 いろいろ申し訳なかったですm(__)m 私も中西様にお会いできるのを楽しみにしております。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

中西です

より:

2019.2.18(月曜日)

長田さん 1回目のG線上のアリアを私のスマホで撮れたのに容量の問題で送れなくてすみません。メンバーの方のスマホで撮影させていただきましたが音質が悪かったようですね(>_<)私のスマホで撮影したのをイヤホン使い聴いたら とてもいい音でしたよ。来月も楽しみにしております(^o^)v

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2019.2.15(金曜日)

名古屋市の社会福祉会館で演奏しました。

DSC_0068_20190217080023まず驚いたのは、演奏会場が全く響かない部屋だったことです。

谷川さんが、何とか良い音質にならないか工夫をすると、とたんにハウリングが始まったりして四苦八苦していましたがダメでした。

高齢者の方々向けの「光の春バイオリンコンサート」という題名だったか?それを見て、音質より春らしく「明るく楽しいコンサート」にすることに努めようと思いました。

ところが、話に気を使い過ぎてしまい、気付いたら演奏時間を十分もオーバーする結果になってしまって本当に申し訳なかったです。

でも、皆さんとても気さくな方ばかりで、温かく受け入れて最後まで丁寧に聴いてくださいました。本当に良い方達ばかりで助かりました。

職員の方々にも演奏開始時から一緒に立ち合って頂き貴重なお話も伺えて、たいへん大きな学びを得られた一日となりました。

「また来て下さい」と言って頂けたことに、とても嬉しく思いました。

沢山の高齢者の方々から頂いた笑顔と励ましの言葉。今後の大きな支えにしながら、また前に歩んで参ります。

ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.2.11(月曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました。

c久しぶりに伺ったお店ではいつもどんな曲がお客様に喜ばれるか確かめるためのプレ演奏を行います。

静かなクラシックを弾きましたが、珍しそうに足を止めても座られることはありません。

少し軽快なクラシックを演奏すると、ポツポツ座って聴かれる方が現れました。

ポピュラーを弾くと少しずつ座るお客さまの数が増えやはりここでも「シバの女王」がとどめの曲になって沢山のお客様を集めました。

この曲が始まると,引きつけられるようにお客さまの数が増えていきます。恋は水色、シバの女王、ボサノバなどを演奏しプレ演奏を終えました。

 

最初のステージは少しだけ空いた席がありましたが、それでもお客様で溢れました。

二回目もなどは何と100名ほどのお客様が集まり、大盛況。

コンサートを終えるとバイオリン体験の子ども達の長蛇の列ができ対応に長い時間がかかってスタッフは嬉しい悲鳴です。

コンサート以外のお客様が外から続いて続々とバイオリン体験に参加されるため

次の準備ができずに途中からお詫びを申し上げて切り上げた程でした。

会場は人、人、人。

こんなにいっぱいのお客様に囲まれ、ご清聴いただき私達はなんて幸せな仕事をさせて頂いているんだろうと感謝でいっぱいになります。

「素敵だった。私もバイオリンを弾けるでしょうか」と、若い外国人の女性が話しかけていらっしゃいました。

「何て素敵なの。また絶対に来て下さい」と年配の女性の方。《アー―、本当にいい経験をありがとうございます」と若いパパ。お礼のお言葉も、山ほど頂いた幸せな一日でした。

あまりの忙しさに食事ができませんでしたので帰りに●●製麺に寄っておうどんを頂きました。

「よくがんばった」と言って、リーダーの驕りでした。

みんな天ぷらうどんにして温かいおうどんで腹ごしらえして、各家庭へと帰っていきました。

充実した三日間が終わりました。

  • 活動日記
  • 2019.2.10(日曜日)

岐阜県の大型商業施設で演奏をさせていただきました。

z今日から演奏時間を変えて頂き、一時と三時の演奏になりました。今まで通してきた一回目の演奏時だった十一時には長めのプレ演奏を行って時間の変化を補いましたが、沢山のお客様が拍手をしながら耳を傾けてくださいました。

一回目も二回目も本当に盛況で、お店の大きなお力によって沢山のお客様に参加して頂くことができました。

「楽しみにしているのよ。いつも必ず参加しているのよ」とお言葉をかけて下さるご年配の女性の方。

「ねぇ、これってなんて曲なの」と職員の方に尋ねられた女性の方。その職員の方に勧められて私の前にいらっしゃり同じ質問をしてくださいました。「シバの女王ですよ」と答えると「ああ、そうそう。本当にいい曲ね」と居たく感動して帰っていかれました。

ご年配の方はやはり、懐かしいポピュラーの曲を好まれます。どこへ行ってもお客さんが沢山集まっていらっしゃるので、ポールモーリアの曲をもっと増やそうかと考えています。

「ああ~本当に楽しかった!」と言ってくれる子ども達 。バイオリン体験は長い列が続きました。「次は、いつですか?」と尋ねてくださる方 。「良かったよ」と褒めて下さるご年配の男性。最後に担当の方が「両方共盛況でしたね」と言われたので「お店のお力に支えて頂いたお陰です」とお礼を申し上げました。職員さんもお客さまも、ここは本当に温かい方ばかりです。

本当にありがとうございます。

  • 活動日記
  • 2019.2.9(土曜日)

スタジオ練習

b0ベェート―べンの「ヴァイオリンソナタ・春」を練習しました。

何て可愛らしい曲なんだろうと思える軽やかなメロディーは徐々に明るさを増していき、まるで春が来たような気分にさせてくれます。

これが出来上がった頃から耳が聞えなくなり、ベートーベンに春は訪れなかったようです。

ベートーベンは古典派最後の大巨匠で1770年から1827年まで生きました。音楽としてはハイドンに師事し、モーツァルトから大きな影響を受け、後年はバッハの影響も伺えます。

ベートーベンがウィーンに行ってモーツアルトを訪ねた時、モーツアルトのあまりの下品さに驚いたということを手塚治虫氏が漫画にしています。

シューベルトが心から尊敬し「自分が亡くなったら墓をベートーベンの隣にたててほしい」と生前から頼んでいました。ベートーベンが亡くなって約一年後にシューベルトは亡くなりましたが、墓は同じ敷地内でも隣にはなれませんでした。

ところがその後の墓地の区画整理によって、2人の墓は並ぶことになります。ただ、真ん中にモーツアルトの墓が置かれますが、彼の墓には骨などはないようです。

向かって左からベートーベン、モーツアルト、シューベルトと並び、とても奇麗に清掃されているようです。一度行ってみたいなーーー。