子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

12件中 1〜10件表示

  • 活動日記
  • 2021.12.27(月曜日)

愛知県の高齢者施設2カ所で演奏させていただきました

d機材の準備をし始めると、今日の演奏会を楽しみにされていた女性の方が早くから会場に来られ、前列の真中の席を一番に取られました。続いて男性の方がその隣の席を取られました。

女性の方は65歳まで運送会社で働いていたと話され元気いっぱいでした。隣の男性の方は地元の中学校でバイオリンを習っていたと懐かしそうに話してくれました。

皆様おしゃれをされ、とても良いお顔をされていました。

演奏に入る前にリーダーが発声練習と頭の体操を兼ねて12月までの唱歌を思い出して歌っていただきました。皆様、直ぐに思い出され次々歌う事が出来ました。

「ラルゴ」から始まり「きよしこの夜」「お正月」「冬の夜」「かあさんの歌」まで一気に歌っていただき、2曲をゆったり聴いていただき、「上を向いて歩こう」「ふるさと」「見上げてごらん夜の星を」を歌っていただきました。皆様大きな声を出されていました。特に早くから場所取りをしてくださったお二人の声が目立っていました。

演奏が終わると利用者様が「今日はすごく良かった。また来てくださいね」「とても楽しかった」などと笑顔で有難い声をかけてくださいました。

もう一か所の施設では歌をうたう時、職員の方が皆様にマイクを向けてくださったので、声が良く聴こえ頑張って歌っていらっしゃる感じが良く伝わってきました。

「ふるさと」を歌う前に、リーダーが「故郷はどこですか」の質問をすると盛り上がり、メンバーと同じ故郷だと手をたたいて喜んでくださいました。中には北海道が故郷という男性の方がいらっしゃいました。

こちらでも演奏後「また来てくださいね」と嬉しいお言葉をいただきました。

焙煎されたコーヒー、お土産までいただきありがとうございました。

まだまだコロナ対策で大変の中、貴重な機会をいただき、改めて心より感謝申し上げます。

皆様、本当にありがとうございました。

(波多野)

よね

より:

2021.12.28(火曜日)

楽しそうな時を過ごされた おじいさま、おばあさまは笑顔で年越しが 出来そうですね。 元気ていて欲しいですね。 お疲れ様でした。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2021.12.25(土曜日)

福井県へ行ってきました!

DSC_0311_202112301241472年前の丁度今頃、こちらのお店に伺っています。その時も、大きなクリスマスツリーを見せていただきながら演奏させていただきました。 2ステージともに親子連れの方がほぼ最後まで着席くださりリクエストする子どもたちの大きな声が聞こえてきました。いつも、お客様に支えて頂きながらステージです。

今日はとても嬉しい出来事がありました。2年前に体験演奏をされた男性のW様私達と一緒に「威風堂々」を演奏されたのです。前回お会いした時、一緒に弾きましょうと楽譜をお渡ししていましたが、ステージに6人で立つことができました。本当に「堂々」としたお姿で、とてもきれいな音色で感動いたしました。帰り際に、クーラーボックスに入れたお土産までいただきました。「またWさんとお会いしたいので、このままクーラーボックスはお借りしていきます」とリーダーが声をかけました。 また、演奏終了後、片付けをしていると、前列に座っていた男の子が「今度いつ来るの? ぜったいに来てね。僕待っているからね」とリーダーに何度も何度も尋ねながら、残念そうに帰って行きました。

演奏会で感動的な出会いがありますが私たちはとても素敵なクリスマスプレゼントをいただきました。バイオリンを通して良いご縁に巡り合えたことが、とても嬉しく思います。心配していた天候も問題なく、朝は京都から出発し帰り道は、少しの渋滞にあいましたが、お蔭様で無事に名古屋へ帰り着きました。私たち5名と、大事な機材を運んでくれた頼もしい仲間の白のアルファード明日で乗りおさめになります。来年からは新しいアルファードが仲間入りです。良き出会いを大切にしていきたいと一層感じた1日でした。出会えました皆様に心からお礼申しあげます。

(高田)

ミィ

より:

2022.1.1(土曜日)

素敵な出会いですね。 また出来るといいですね。 暖かいお話 ありがとうございます

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2021.12.24(金曜日)

京都の大型商業施設で弾かせていただきました

DSC_0310_20211226181729京都の大型商業施設で、弾かせていただきました。

ここ4年、毎年クリスマスに、必ずコンサートをさせていただいています。

いつも、楽しみなのは

はとっぴーがたくさん飾ってある、大きな大きなクリスマスツリー。

その横の舞台で、私たちは弾かせていただきます。

リハーサルを兼ねて

「G線上のアリア」

「ホワイトクリスマス」

「主よ人の望みの喜びを」と

クリスマスらしい曲を弾かせていただきました。

お買い物に来られたお客様が、足をとめて聴いてくださいます。

有難いです。

コンサートは、お客様からリクエストを頂戴しながら進めさせていただきました。

ゆったり並べてくださった椅子に、お客様が座ってくださり

途切れる事なくリクエストをくださいました。

小さな男の子が

「きよしこの夜」の曲をリクエストしてくださって

コロナの為、大きな声は出せないですが、みんなで静かに歌いました。

お客様の幸せそうな表情と、きよしこの夜の歌声が

会場を、よりクリスマスらしく盛り上げてくださいました。

コンサートの最後の曲は「ホワイトクリスマス」

ご婦人お二人がそばに来て

「素敵なクリスマスになりました。ありがとうございます」と言ってくださいました。

こちらこそ、素敵なクリスマスをありがとうございます。

メリークリスマス♪

皆さま、温かいクリスマスを♪

 (山崎)

よね

より:

2021.12.28(火曜日)

少しづつだけど 前と同じようなことが出来るように なってきて 生の音楽を聞くことが出来る 楽しい時間でした。 またお会いしたいです。 ありがとうございました。

山崎

より:

2022.1.1(土曜日)

よねさん、コメントをくださいまして、ありがとうございます。ここ数年、クリスマスはいつもこのお店で過ごさせていただいています。同じ事ができる喜びは、同じ事ができない中で、教えてもらいました。一回一回が本当に大切だと思います。少しずつ、人との交流が戻る事を願います。ありがとうございます。

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2021.12.21(火曜日)

岐阜県の大型商業施設で演奏させていただきました

DSC_0303_20211224125155店内には2階まで届きそうなクリスマスツリーが装飾してあり、クリスマスムードでいっぱいでした。

客席は160cmの間隔で設置させていただき、コロナ対策がとてもしっかりされていました。座りきれないお客様は立ち見で聴いてくださいました。

周辺のお店にご挨拶に行くと「楽しみにしています。頑張ってください」笑顔で励ましてくださいました。皆さんとても温かく対応してくださいました。

演奏会では初めにカノンを聴いていただき、その後次々とお客様から積極的にリクエストをいただきました。

「美女と野獣」「ありのままで」「エトピリカ」「シバの女王」「星に願いを」「ジュピター」など

ここのお客様はクラッシクがお好きなイメージがありましたが、今回はポピュラーな曲のリクエストを多くいただきました。

リーダーが「今度はクラッシクをお願いします」と声掛けをするほど和気藹藹で、皆さん明るく積極的に参加してくださり演奏会を支えてくださいました。

最後のリクエストを終えリーダーの挨拶が終わると「ホワイトクリスマス」を演奏して終わりました。

ご年配の女性が、「今日はありがとう。とても良かったわ」と声をかけてくださいました。

いつもお客様に支えられて演奏会は成り立っています。本当に有難いことです。

職員の皆様には大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

(波多野)

  • 活動日記
  • 2021.12.20(月曜日)

京都の幼稚園でバイオリンの演奏をさせていただきました

DSC_0302_20211224123538本日は午前、京都の幼稚園でバイオリンの演奏と体験をさせていただきました。朝5:30に先生のお宅を出発、2時間ほどで園の近くのマックに到着。朝食をとり、待機しました。

9:00に搬入。住宅街にある敷地の広い見晴らしのよい幼稚園です。園長先生自らサッとご挨拶に来てくださり、駐車場からすぐ演奏をさせていただくホールに機材を搬入させていただきました。先生方もお手伝い下さり、とてもスムーズに準備させていただきました。ステージの前の壁には可愛らしい動物さん達の飾りが施され、下に先生と波多野さん、上に機材を挟んで高田さんと谷川が位置し演奏をさせていただきました。

10:00~演奏開始。制服を着た2つの園の50名ほどの年長クラスの子ども達が先生のご指示に従って座布団を持って次々に入室し、座布団を置いてスペースを空けながら座り、いよいよ始まりました。いつものようにまずリーダーが「かえるのうた」で輪唱を説明しながら「カノン」を演奏、続いて「ホール・ニュー・ワールド」を前列の年長さんの子ども達の耳元で演奏し、波多野さんにバトンタッチしました。先生方がポンポンを配布してくださり、「となりのトトロ」「さんぽ」「小さな世界」そしてクリスマス前ということで「赤鼻のトナカイ」をポンポンを鈴に見立ててバイオリンに合わせてリズムをとったり手話を頑張ってくれたり、みんなとても元気に歌ったり踊ったりしてくれました。特にそして、最後に再び「星に願いを」を聴いてもらい、演奏を終わりました。

続いて30名ほどの年長の子どもさんたちに、一人ずつバイオリンの演奏体験をしてもらいました。みんなとてもよくお話を聞いて、手指の消毒も体験演奏もがんばってくれ、先生方がその様子を一人ひとり写真撮影してくださいました。最後に先生方も体験して下さり、みんな「先生がんばって!!」と一生懸命応援している姿がとても温かく、微笑ましかったです。

搬出も再び先生方がお手伝い下さり、機材を運び出しました。園長先生直々にお茶を入れてご対応下さり、いろいろと熱く子育てや教育のお話をしてくださり、とても勉強になりました。そして最後にお土産まで頂戴し、大変恐縮致しました。

今回ご参加くださった子ども達や先生方に、改めて心よりお礼申し上げます。

皆様、本当にありがとうございました!!

(谷川)

  • 活動日記
  • 2021.12.19(日曜日)

本日はスタジオにて録音作業でした

5d5e0a45c2945_jpeg昨日に引き続き、事務所にて残った作業を行った後

来年、演奏に伺う幼稚園から

演奏曲のリクエストがあり、その楽曲作成や

録音のためにオサスタにて活動しました。

 

曲の題名は「カイト」です。

東京オリンピック・パラリンピックが開催予定だった2020年。

挑戦続けるアスリートやこれからの時代を担う若い世代を

応援しようと企画されたNHK2020ソングとして

頑張る人を尊重し、応援したいという気持ちが感じられる応援歌です。

 

「カイト」は凧揚げのことですが

歌詞のひとつひとつに意味があり

空高く舞い上がる凧に、どんなことがあろうとも飛んでいこうとする

前向きな気持ちが表れているようです。

 

コロナ禍の中で随分、すくすく合奏団の演奏形態も変化してきました。

コンサートにお招きいただくたびに

いつも身近で応援してくれる家族

声をかけてくださるお店や職員の皆様

演奏を聴いてくださるお客様に

どれほど応援いただいているか、計り知れず

力をくださることに感謝せずにはいられません。

 

「カイト」に込められた歌詞のように

今、何が出来るか常に考え、決して歩みを止めることなく

時の流れに合わせ、前を向いてこれからも活動を続けてまいります。

今年も残り少なくなりましたが、まだまだ走り続けます。

1日1日に感謝いたします。

 (高田)

  • 活動日記
  • 2021.12.18(土曜日)

一年分の御礼

シクラメン今日は、事務所に集まり、年末恒例の作業をしました。

新しい年を迎える前に

私たちは、この一年お世話になった方々に

お礼の気持ちを込めて、毎年お手紙を送らせていただいております。

理事長手書きのお手紙に、手作りの文香を添え

今年の感謝と、来年への抱負。

一枚一枚、丁寧に折りながら、各自が黙々と作業をしました。

静けさの中での作業は

一年の・・・いえ、出逢ってから今までの思い出が心に浮かびます。

皆さまから受け入れていただき、今があります。

励ましの言葉、

皆さまの笑顔、そして笑い声。

いままで、どれ程の方々から、どれ程、支えていただいたか

本当に私、わかっているかしらと、年月の重さを感じる時間です。

そして、こうして一部屋で作業をする私たちも

一年を終える今、一年分の歴史ができているのです。

学び、反省し、悩み、笑った数々の思い出。

山積みになった白い封筒を見ながら

多くの皆さまからいただいた温かい心と思い出を大切に

真っ直ぐ、正しく、潔癖な心を目指し

新たな一年に立ち向かっていこうと心に誓いました。

年末に向けて、コンサートが続きます。

寒さが厳しい季節ですが、年末恒例の作業で

皆さまを思い出し、心を温めてもらいました。

心を込めて・・・ありがとうございます。

 

(山崎)

  • 活動日記
  • 2021.12.15(水曜日)

名古屋市の移動児童館でバイオリンの演奏をさせていただきました

DSC_0291_20211216091811本日は午前10:30~11:30、名古屋市内の移動児童館でバイオリンコンサートに参加させていただきました。時節柄「クリスマスコンサート」ということで、体育館にはサンタの服を着た大きなぬいぐるみのクマさんがいたり、参加者の子ども達にはすずがプレゼントされたり、雰囲気作りにも工夫がされていました。

9:30搬入。準備音合わせをして開始時間間近になると、小さなお子さんを連れた若いママさんたちが続々と入場され、座るスペースが足りなくなって自分たちのマットも提供する程たくさんの方々が参加してくださいました。

はじめに「カノン」、続いて挙手によるリクエストは「ホール・ニュー・ワールド」と「美女と野獣」、間はいつものように波多野さんのリードにより「ミッキーマウスマーチ」「アンパンマン体操」「さんぽ」に合わせて体を動かしていただき、そして「となりのトトロ」を追加演奏し、最後に「星に願いを」で演奏を結びました。

その後先生が「すくすくメール」の紹介をしながら少し若いお母さん方にお話をされ、児童館の方がサンタやトナカイに扮して登場し、皆さんにプレゼントを渡して終了しました。機材を片づけていると、何人かのお母さんが小さいお子さんを抱っこしながらわざわざ「ありがとうございました」とご挨拶に来られ、その後姿に「子育てがんばってくださいね♪」と心からエールを送りたくなりました。

こうした若いお母さんたちは今、コロナ禍の中いろいろ大変な思いをして子育てに奮闘されていると思いますが、そんな皆様に少しでもバイオリンで元気と励ましを届けられたら幸いです。

今回ご参加くださった若い親御さんや子ども達、そして企画しお招きくださった児童館のスタッフの方々に、改めて心よりお礼申し上げます。皆様、本当にありがとうございました!!

改めてメリークリスマス! そして、どうぞよいお年を♪

   (谷川)

  • 活動日記
  • 2021.12.12(日曜日)

石川県の大型商業で演奏をさせていただきました

DSC_0290_20211227181653コロナで延期になり、2年ぶりにお伺いすることが出来ました。

店内はクリスマスのレイアウトが施され、クリスマスムードでいっぱいでした。

演奏会が始まると、お客様のリクエストは積極的であちこちから手げてくださり、リーダーがお客様を当てるのに困るほどでした。

2回目には親子連れも多く、「ホールニューワールド」のリクエストをお客様からいただきました。

子どもたちに舞台の前で整列していただき、リーダーが子どもたちの耳元で生音を聴かせました。みんなじっとしてしっかり聴いてくださいました。

ここのお客様は親しみやすい方が多く、呼び込みをしているとご年配の女性が「アメージンググレイスを聞くことができますか。私、ニューヨークにアメージンググレイスを聴きに行ったことがあるの」と言われ、会場にいらして「アメージンググレイス」をリクエストしてくださいました。よほど思入れの深い曲だったようです。

ご年配の男性の方が、「昔、名古屋に住んでいて御園座のビルの上階に会社があり20年ほど勤めていました。子どもたちも名古屋にいます。」私たちが名古屋から来たことから、名古屋を懐かしがられていました。

演奏会が終わると女性が「大阪に住んでいて今はここに住んでいます。今日はありがとう。気を付けて名古屋に帰ってくださいね」と有難い声をかけてくださいました。

Wさんが先週に引き続き、今日も会場に来てくださいました。そして次回の演奏日にも来ていただき「威風堂々」を私たちと一緒に演奏をしていただくことになりました。

演奏体験からバイオリンを始められたなんて素敵なことです。とても楽しみです。

いろんな方がいろんな思いで私たちの演奏を聴いてくださいます。

そしていつもお客様に支えられて演奏会は成り立っています。本当に有難いことです。

職員の皆様には大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

(波多野)

  • 活動日記
  • 2021.12.11(土曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました

mこの店舗へ初めて伺ってから7年が過ぎました。

その間にお店の名前も変わり、店内も改装され、

年月の流れが本当に早いものだと改めて感じています。

 

その時々に合わせながら、私達の演奏形態も変わってきました。

その中で変わらないものは、当初からずっと5人のメンバーであり

いつの時も決して変わらないお客様の支えてくださる姿です。

 

リーダーがステージの最後に挨拶します。

コロナ禍のお蔭で、再び演奏させていただいた時に

お客様から拍手まで頂き、高いステージに立たせていただき

こんなにもお客様に支えていただいていたと

改めて感謝の気持ちをお伝えしています。

あと少しです。みんなで、がんばりましょうという言葉に

お客様のほとんどの方が強く頷かれます。

 

お客様のお顔を見せていただきながら

どれほど励ましていただいていたのかと

感激に胸が震える思いです。

 

ご年配の方から可愛い小さなお子さんまで

幅広い年齢層の方に貴重な時間をいただき

今日もお蔭様で無事に2回のステージを終えることができました。

 

私達が片付けていると、パーテーションの向こうで

小さな女の子が大声で泣いています。

お母さんにリーダーが理由をお聞きすると

「もっと聞きたかったと言って泣いているのです」と困った顔で教えて下さいました。

早速指人形のミニーちゃんの手にプレゼントをもたせ、

リーダーが「もう泣かないでね」と言って渡すと

すぐに泣き止んで、パパとママと三人共に笑顔になられ、嬉しそうに親子で帰っていかれました。

 

ほんの数分の出来事でしたが

素晴らしい感動をいただいた1日でした。

今年もあと数えるほどになりましたが

来年もまたここで必ずお会いしましょう。

そんな思いでお店を後にしました。

 

明日は、石川県まで550キロほどの道のりを日帰りで走ります。

久しぶりの遠出です。

幼い頃、遠足前に興奮して眠れなかった前日の気分です。

どのようなお客様に明日はお会いできるのでしょうか。

ワクワク、ドキドキの1日になりそうです。

(高田)