子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

  • 活動日記
  • 2021.9.4(土曜日)

先を見据えて

心2今日は、オサスタに《すくすく合奏団》のメンバーが集まりました。

 

京都に住む私(山崎)は、またまた発令された緊急事態宣言の為

府県をまたぐ移動を自粛して

いつもの様に、波多野さんの携帯電話と山崎の携帯電話で繋がり

スピーカーを大音量にしての参加です。

 

もう・・またか・・・と

本当に、コロナが恨めしくなる瞬間ですが

イヤ、こうしてでも、繋がれることに感謝しよう♪と、物事は考えようですね。

仲間の、波多野さんに感謝です。

 

さて、今日は、リーダーから、ちょっとワクワクする発表がありました。

ヒミツ・・・ヒミツ・・・(*^-^*)

 

遡れば、私達は、先を見て子育てをしなかった事も大きな要因となり

結果、我が子を不登校やひきこもりにさせてしまい

リーダー(長田百合子先生)の所に、助けを求めて来た者ばかりです。

 

自らの子育てが示す様に、先を読んで、今を動くという考え方や動きが苦手です。

 

リーダーの元で学び、経験をつませていただく事、十年以上。

私達はグングンと生活が整い、グイグイと上向きに活動をさせていただいてきました。

 

しかし、コロナの出現で、ここにきて歩みが止まってしまった、といっても過言ではありません。

 

このままでは足踏みどころか、後退しかねない状況の中

リーダーは、私達のこれから先を考え、次への準備をしてくださっていました。

 

みんなが幸せになれるように。

 

リーダーや仲間と交流する数時間。

表情が見えない中で、オサスタで展開される様子と話を、出来る限り的確に受取る、頼りは耳。

熱く話してくださるリーダーの言葉を、聞き洩らすまいと集中する時間が流れました。

 

何をするにしても

軸がしっかり揺れなければ、目標に向かう方法はいろいろあるのだと、拝聴しながら感じました。

 

当団体の正式名は、私の指針です。

 

家庭を、幸せに導く教育を願い

ひとりでも多くの方に、幸せを巡らすには?

その為に、今、自分がすべき事は?

 

教えていただき、導いていただける今に感謝し、先を見据えて歩み続けます。

 

(山崎)

 

「先を見据えて」への1件のフィードバック

  1. とまと より:

    なんだろう
    ワクワクするすること
    気になります。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。