子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

  • 活動日記
  • 2019.8.23(金曜日)

岐阜県の児童養護施設に伺いました。

20190826_232109朝6時リーダーの自宅を出発して現地近くの道の駅で朝食を取りました。天候が悪くリーダーの運転が大変そうでした。

9時15分に搬入をして機材を設置しましたが、調度雨が止んで機材が濡れずにすみました。職員の方に機材を運ぶのを手伝っていただき、大変助かりました。ホールには畳が敷いてありました。

10時からの演奏会でした。子どもの参加人数は幼児6名、小学生13名、中高校生8名ほどでした。演奏が始まり前列の子が寝そべっていたのでリーダーが注意をすると起き上がりました。

「エトピリカ」ではバイオリンを聴いてもらい「残酷な天使のテーゼ」はリーダーが会場を回り子どもたちの耳元でバイオリンの音を聴かせました。

「となりのトトロ」「小さな世界」「さんぽ」は子どもたちを山崎さんがリードをしてお遊戯をしました。「さんぽ」では中学生高校生に楽器演奏を手伝ってもらいました。小さな子の為に頑張ってねと言うと、みんな協力的でした。

バイオリン体験では職員の方と幼児の男の子が弾きました。バイオリンクイズは盛り上がりました。演奏後のバイオリン体験はリーダーと山崎さんが担当しました。

機材を片付け次の演奏先に出発しました。敷かれた畳を全部片付けて下さったので大変だったと思います。ありがとうございました。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。