バイオリン演奏出張のお申込み(結婚式、祝賀会、ホームパーティetcに出張演奏します)は安心料金で明るく元気な私たちにお任せ下さい。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

270件中 1〜10件表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 27

2017.11.22(水曜日)

ブタ白菜ネギ鍋

土鍋に和風のだし汁を500CC入れて、その上に適当な大きさに刻んだ白菜二分の一玉を敷きつめ、その上にブタ薄切り肉を500から600グラム敷き詰めます。その上に白ネギの輪切りをニ本分敷き、その上にまた豚肉を敷きつめてニンニクの薄切りと粗引きコショウを降ります。次に、《水100ml、鶏ガラスープの素大さじ2、片栗粉大さじ3〜4、塩小さじ2、白ごま(いりごま) 大さじ1、しょうゆ小さじ1、料理酒大さじ2、ごま油大さじ1》を溶いた塩だれを具の上からかけて蓋をします。最後に細いネギの輪切りをのせたら出来上がり。残ったスープで雑炊を作ったら、寒い夜には最高の幸せではないでしょうか!マジ本当においしいですよ!

2017.11.15(水曜日)

白菜のミルク煮

適度な大きさに切った白菜は、煮込むと小さくなりますので多目に用意します。鍋に牛乳3分の2とお水3分の1を入れて、中に白菜、コーン缶のコーン、ウィンナーソーセージを適度に切って一緒に煮ます。沸騰したらクリームシチューの元で味付けします。簡単、美味しい、早いと三拍子揃ったレシピです。

 

2017.11.8(水曜日)

ブタ肉レンコン

レンコンは皮をむいて、三センチ幅のいちょう切りにしたら水にさらして水気を切っておく。フライパンにサラダ油を入れ、食べやすく切った豚肉を炒め、熱が通ったら一度取り出す。そこへレンコンを入れて炒め、透き通ったらブタ肉を加えて、醤油、みりん、砂糖で好みの味付けをして汁がなくなるまで炒める。

2017.10.25(水曜日)

秋のナスミートグラタン

ナスを皮つきのまま厚切りにして素揚げします。耐熱皿に市販のミートソースを敷き、その上に揚げたナスとモッツァレラチーズを順序よく並べて行きます。オープンで焼いたら出来上がりの超スピード料理。しかも、激うま!

2017.10.18(水曜日)

子ども大好き秋のグラタン

さつまいもを縦半分に切って、ラップしたらレンジにかけて柔らかくする。さつまいもの中身をスプーンで取り除き、牛乳を加えて潰しますⒶ。フライパンで玉ねぎのみじん切り半分と細かく切ったベーコン30グラムを、フライパンで少し炒めるⒷ。くり抜いたサツマイモにⒶとⒷを混ぜた物を入れ、最後にピザソースと、とろけるチーズをたっぷりとかけてオープンで焼きます。最高に美味しいですよ。

2017.10.11(水曜日)

秋のさつまいもグラッセ

一本のさつまいもは皮がついたまま一センチほどの輪切りにして、砂糖大さじ4とバター大さじ3を入れてひたひたに被るくらいの水を足して煮ます。弱火から中火で20分ほど煮ますが、火が強過ぎると煮崩れするので注意して下さい。焦げない様注意して、煮汁が少なくなったら出来上がりです。

2017.10.4(水曜日)

秋のさつまいもニンジン濃厚スープ

玉ねぎ、ニンジン、さつまいもは、いずれも皮をむいて薄切り。鍋に全て入れて、具が被るくらいの少な目のコンソメスープで煮ます。柔らかくなって粗熱が取れたら、ミキサーで撹拌して鍋に戻します。牛乳で少しずつ溶きながら、木ベラで焦げ付かないように混ぜます。最後にコンソメで味を整えたら、カップに盛ってパセリのみじん切りをかけて頂きます。

2017.9.27(水曜日)

秋の栗ごはん

米二合・栗250グラム・塩小さじ1、酒大さじ2杯。栗はよく水洗いし、鍋に入れ、ひたひたの水を入れて弱火にかける。沸騰してから3分たったら火を止め、蓋を開けて30分お湯につけておく。栗の硬い皮が柔らかくなるので手で剥けます。(うまく剥けない時は包丁でごく一部を切り落としそこから剥く)残った渋皮を包丁で剥くお米を洗って炊飯器に入れ、通常の水量をセットする。酒、塩を加えて混ぜ、その上に剥いた栗をのせてスイッチオン♪。炊き上がったら、お椀によそり、黒ゴマをふりかけて完成です。

 

2017.9.20(水曜日)

秋鮭の柔らかムニエル

鮭の切り身に塩、こしょうします。その後で小麦粉をまぶした羅、フライパンにサラダ油を入れて表面、裏面をカリッとするまでキツネ色に焼きましょう。次に白ワインを入れ、蓋をして弱火で蒸し焼きにしましょう。蓋を取って余分な油をキッチンペーパーで拭きとったら、バターを入れて鮭によく絡ませて下さい。野菜と一緒に盛りつけて、レモンや塩で頂きます。

2017.9.13(水曜日)

秋のサツマイモヨーグルトサラダ

サツマイモは適度な大きさに切って、レンジにかけて柔らかくします。別に鶏肉のささみと玉ねぎのみじん切りを容器に入れて熱が通るまで加熱し、粗熱を取ってから小さくほぐします。全て混ぜた上から、プレーンヨーグルト大匙ニ杯を入れてマヨネーズと塩で味を調えます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 27