子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

509件中 11〜20件表示

2022.9.14(水曜日)

チーズむすび

ご飯2杯、かぼちゃ50gはキューブに切ってレンジで熱を通します。クリームチーズもキューブに切って30g、天カスと青のりはお好みで。めんつゆ大さじ1.5杯。全て混ぜて味を整えたら、ラップで握って出来上がりです。栄養満点で本当においしいよ(‘ω’)

2022.9.7(水曜日)

照り焼きコロコロジャガ

ジャガイモは皮をむき、1,5センチほどのキューブに切ったらすぐに片栗粉をまぶします。フライパンに多めの油を入れ、ジャガイモをこんがりカリカリに焼きましょう。こんがりキツネ色になったら、「醤油大さじ2、砂糖大さじ2、マヨネーズ大さじ1、コショウ適量」のタレを加えて強火で加熱し、飴状にからまったら火を止めて器に盛り付けましょう。カリッと甘い醤油味。最高!

2022.8.31(水曜日)

華やかサラダ

フリルレタスに、キュウリやビーツなど彩りの綺麗な野菜をクルクル巻いて薔薇の花に見立てるのがコツのようです。カットしたチーズやラディッシュなどを所々に飾ってアクセントをつけると、こんな華やでインスタ映えするサラダが完成するのですね。これなら野菜キライの子どもさんも、喜んで食べてくれそうですね。見習いましょう。

2022.8.24(水曜日)

スイカスムージー

すいかはスプーンで果実と種を全部くり抜いて、果汁だけにしたら製氷器に入れて凍らせましょう。これを六個ほどミキサーの中に入れたら、好みの量のお砂糖(はちみつ)と牛乳コップ半分を入れて砕きます。

可愛らしいサマードリンクの出来上がりです。

2022.8.3(水曜日)

子どものおやつに野菜スティック

カボチャを細く切って油で揚げるだけのシンプルな一品ですが、これがどうして感動の美味しさなんです。塩を軽くふったり青のりをふったりして、お好みの味付けをしてあげてください。

2022.7.27(水曜日)

一分やみつきキュウリ

キュウリを輪切りにします。手でちぎっても良いです。袋に入れたら、ごま油、白ゴマ、鶏がらスープ(創味シャンタン)、酢と塩昆布少々を入れてもみます。

2022.7.20(水曜日)

美味い!簡単レシピ

さつまいも一本の皮をむいて、レンジでチンして熱を通します。マッシュしたら、牛乳50cc、マヨネーズ大さじ1、粉チーズ大さじ1、白みそ大さじ1、5を混ぜ合わせたら出来上がりです。パセリを飾って出来上がりです。癖になる美味しさです。

2022.7.13(水曜日)

ヘルシー中華サラダ

鶏の胸肉一枚にフォークで穴をあけ、水大さじ2、片栗粉小さじ1、塩、砂糖少々、擂りおろしショウガ小さじ1をもみ込んで容器に入れたら、30分ほど冷蔵庫で冷やします。その後、容器のままラップをしてレンジで4分ほどチンしたら5分ほど蒸らします。冷めたら、なるべく細く割いておきます。

きゅうりは縦半分に切ったら、更に斜め切りにしておきます。

タレは、炒りゴマ、擂りゴマ各大さじ2ずつ。しゅうゆ、酢、ごま油、各大さじ1ずつ。砂糖、オイスターソース(中華だしでも可)各大さじ1/2ずつ。これを一緒にしてよく混ぜておきます。全て一緒にして和えて頂きます。

2022.7.6(水曜日)

冷やしトマト

トマトはヘタを取り除いて切り込みを入れ、熱湯に付けたら冷水に戻して皮をきれいに剥いておきます。和風のつけ汁を作ったら、トマトを付け込んで冷蔵庫で冷やしましょう。取り出して4等分に切り、元通りの形に整えて大葉の千切りとショウガを添えて頂きます。

2022.6.29(水曜日)

恋するあんだく天津飯

鍋に多めの出し汁または水を入れ、市販のヒガシマルうどんスープで味を調えます。カニカマを斜め切りにして入れたら、とろみをつけて「京都風あん」の出来上がりです。あんは多めに作っておくことをお勧めします。次に卵2個を割ってよく混ぜたら、ご飯の上にのせる卵焼きを作ります。

ご飯を盛り付け、あんを思いっきりかけたらネギを添えて召し上がれ。天津飯好きにはたまらない一品だと思います。