バイオリン演奏出張のお申込み(結婚式、祝賀会、ホームパーティetcに出張演奏します)は安心料金で明るく元気な私たちにお任せ下さい。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

273件中 71〜80件表示

2016.6.29(水曜日)

玉ねぎとセロリのバターピラフ

お米三合、玉ねぎ2/1個、セロリ1本は微塵切り。ベーコン3枚は短冊切りにする。お米をといだら基準の水より少なめにして、コンソメキューブ2個、オリーブオイル大匙2、バター15グラム、塩こしょう適量を加え、玉ねぎ、セロリ、ベーコンを入れて炊く。お皿に盛りつけたら、パセリの微塵切りを散らします。これは美味しいですよ。

 

2016.6.22(水曜日)

やみつきレタス青海苔サラダ

レタス半分を食べ易い大きさにちぎったら大きなキッチン袋にすべて入れて、上からごま油大匙2、鶏がらスープ大匙3分の2から1杯、青のり好きなだけを入れて軽く揉む。大きなお鍋に具財を入れて、自分の利き手にビニル袋をかぶせて揉んでもいい。軽くしなっとなったら、器に盛り付けて白ゴマをかけて食べましょう。揉み過ぎには注意しましょう。

本当にやみつきになりますよ。

2016.6.15(水曜日)

にんじんバターせんべい

にんじんをピーラ―やスライサーなどで薄くスライスしてから千切りにして、片栗粉大匙1、お水大匙1、塩ひとつまみとブラックペッパー少々と混ぜ合わせます。フライパンにサラダ油とバターを溶かして、極薄く伸ばして両面をカリッと焼いて出来上がりです。おやつに如何ですか。けっこう美味しいんですよ、これが。

2016.6.8(水曜日)

カブの中華スープ

市販の「鳥ガラスープの素」で中華スープをつくり、そこへ好きな大きさに切ったカブを入れて煮込む。煮えて透き通ったら、刻んだ葉を加え、それが煮立ったら溶き卵を入れてゴマ油を垂らして出来上がり。簡単ですが、見た目も奇麗な美味しい夏のスープです。

 

2016.6.1(水曜日)

夏野菜のラビゴットソース

カブ、セロリ、赤ピーマン、きゅうり、玉ねぎ、パセリ、コ―ンを用意して下さい。

カブとセロリときゅうりと赤ピーマンは3ミリ角に切り、玉ねぎとパセリは微塵切りに、コーンはそのままで、市販のイタリアンドレッシングで全部の具材を和えたら塩、コショウを加えて味を調えます。魚のソテーにかけたり、切ったゆで卵と混ぜて食べても美

しいですよ。

2016.5.25(水曜日)

絶品、干しシイタケご飯

干しシイタケを水で戻したら(三時間以上置くこと)スライスしておく。お米を洗ったら、干しシイタケの戻し汁を全部と、干しシイタケ、ニンジン少々を加えてお酒、醤油、みりん足して味を調えてから炊く。

出来上がったら、三つ葉とたっぷりのバターを加えて少しむらしましょう。

これ結構美味しいですよ!

2016.5.18(水曜日)

子どもが大好きアゲピザ

油揚げの上からケチャップを塗って好きな具をのせ、とろけるチーズとパセリをかけてトースターで焼きましょう。焦げないようにサックリ焼いて完成!子供のおやつにどうぞ。

2016.5.11(水曜日)

たけのことベーコンのソテー

たけのこは、味がしみ易い大きさに切ります。ベーコンは三センチほどに、玉ねぎは薄くスライスします。フライパンにバターを多めに入れ、ベーコンを加えて油が出てきたらたけのこ、玉ねぎ、グリーンピースを入れてサッと炒めましょう。醤油、コショウ、化学調味料で味付けしたら、お皿に盛りつける時にパセリの微塵切りをかけましょう。春の一品を召し上がれ。

2016.4.27(水曜日)

焼き鳥とごぼうの柳川

焼き鳥は串を抜きます。新ごぼうはささがき、ミツバ(小ねぎ)は三センチほどの長さに切っておきます。野菜を多めの摂りたい人は、玉ねぎの薄切りや豆腐などを加えると良いでしょう。土鍋に麺つゆとみりんを混ぜて作った出し汁を入れて沸騰したら、ごぼうを加えて一煮立ちした後に、焼き鳥を入れて溶き卵を回し入れます。最後に三つ葉を散らして出来上がりです。春の一品を召し上がれ。

2016.4.20(水曜日)

魚の味噌漬け

まず魚の両面に塩をふって、30分ほど時間を置きます。うっすら出た水分を拭き取ったら、お味噌大匙2、醤油大匙1、みりん大匙2、料理酒大匙2、にんにくと生姜のチューブ各小匙1、ごま油大匙1を練り合わせて「タレ」を作ります。ラップの上にタレを少し伸ばしたら、その上に魚を置いて、上からもタレをかけてラップに包んで冷蔵庫で4~5時間おきましょう。味噌をペーパータオルで拭き取ってから、焦げないように焼きましょう。安くて美味しい、魚の味噌焼の出来上がりです。