子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

509件中 21〜30件表示

2022.6.22(水曜日)

感動の綺麗なサラダ!

トマトとパセリを切って混ぜたら、冷蔵庫でよく冷やしましょう。食べる直前にオリーブオイル、黒コショウ、塩だけで頂きます。

好みでレモンを絞ったら、もっと美味しいですよ。注意としては、パセリは少し水にさらして、農薬を落としてから使いましょう。

2022.6.15(水曜日)

料亭のだし巻き卵を作ろう

用意するものは、卵6個、水大さじ5、市販の白だし(16倍濃縮)大匙1か1/2、本みりん小さじ2、さとう小さじ2、油適量。

卵白を切るように割りほぐし、調味料などを全て加えて混ぜ合わせます。コシがなくなるので、混ぜ過ぎには注意しましょう。後は焦げ目がつかないように丁寧に焼き上げて、熱い内にクッキングシートで包んで形を整えましょう。白だしで、本格的で美しい色のだし巻き卵が出来上がります。※白出しでお勧めなのが「七福の白だし」です。いろいろ試しましたが、これに勝るものはありませんでした。愛知県以外はお取り寄せになりますが、少し高価ではあるものの損はないと思います。

2022.6.8(水曜日)

冷し鶏にんにくソーメン

鶏肉は皮を取ってレンジで熱を通したら、小さく割いて冷ましておきます。つゆは市販の「白だし」を水で薄め、ニンニクチューブ少々とごま油を入れてよく混ぜて味を整えて冷やしておきます。そうめんが茹でたら水でよく洗い、スープを入れて卵半分と小ネギを盛り付け、最後にゴマをふりましょう。料亭のようなステキな一品が、短時間で簡単にできますよ。

2022.6.1(水曜日)

激うまパスタソース発見‼

業務スーパーの「トリノで作ったトマト&イタリアンチーズパスタソース」は、1680g338円という驚きの安さ。トマトとチーズの香りがふわっと漂う、本格的な濃厚トマトソース。フライパンにバターを溶かし、玉ねぎ、ベーコン、ピーマンなどの好きな野菜を炒めたら、このソースを入れて絡め、最後にパスタを入れて絡めたら、レストラン顔負けの一品になりますよ。ぜひお試しを‼

2022.5.26(木曜日)

料亭の味・即ゲット‼

「創味すき焼きのたれ」に対して水を1/3ほど入れて薄め、しょうがの千切りと一緒に魚を入れて、お玉でつゆをすくいながら魚にかけて少しずつ煮詰めていきます。丁度いい加減の味になったら出来上がり。赤魚の煮つけも、ご覧の通り。もちろん、すき焼き、肉じゃが、牛丼も、これ一本あれば即料亭の味になりますよ‼ 是非お試しを。

2022.5.18(水曜日)

アスパラ卵あんかけ丼

アスパラは皮をむき、斜め切りにしておきます。鍋に市販の「東丸うどんスープ」でだしを作り、沸騰したらアスパラと細かくきった油揚げ二枚分を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。沸騰したら溶き卵二個分を入れましょう。ほわほわ卵の本当に美味しい丼の出来上がりです。

2022.5.11(水曜日)

ペペロンチーノ風新ジャガ炒め

新ジャガ3個の皮を剥いたら、全部細切りにしましょう。そこへコンソメ顆粒を入れて薄味をつけ、小麦粉を大匙一杯入れてよく混ぜましょう。

フライパンにオリーブオイルをひき半分のジャガイモを敷き詰めたら、その上からとろけるチーズをのせます。その上にまた残りのジャガイモを敷いて、時々上から抑えながら片面をコンガリするまで焼きます。もう片面を裏返した端からオリーブオイルを垂らして入れましょう。両面がこんがり焼けたら、ケチャップでいただきます。

2022.4.27(水曜日)

ペペロンチーノ風新ジャガ炒め

新ジャガは洗って、皮付きのまま半分にきります。それをポリ袋に入れて、レンジ500wで5分位熱を通します。フライパンに多目のオリーブオイルを熱し、少し焼き目が付くまで揚げ焼きの様にします。適度な焦げ目がついたら余分な油を捨てて、そこへニンニクのスライス(好みでベーコンスライス少々)を入れてコショウとコンソメ顆粒で味を調えます。仕上がりに、微塵切りのパセリと粉チーズをかけたら出来上がりです。

2022.4.20(水曜日)

焦がし醤油たけのこバター焼き」

茹でたタケノコを五ミリ幅に切ったら、フライパンに油を中火で熱し、たけのこの表面がキツネ色になるまで焼きます。醤油《めんつゆでもOK》を加えて絡め、バターを加えて混ぜます。器に盛り付けたら、好みでパセリか木の芽のみじん切りを散らします。おしゃれな味の、簡単料理の出来上がりです。

2022.4.13(水曜日)

春椎茸のフライ

春椎茸が出回っていますね。鶏肉のミンチに玉ねぎのみじん切りを加えて、よく練っておきましょう(A)。シイタケの汚れをきちんと落としたら、裏面に小麦粉をまぶして(A)を押し入れていきます。後はフライを作る手順で、小麦粉を付け、卵をくぐらせてパン粉をつけて揚げましょう。ケチャップとソースを混ぜたタレで、春の味をたっぷり召し上がれ。