子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

509件中 31〜40件表示

2022.4.6(水曜日)

アコーデオンポテト

ジャガイモは皮を削がず、細長い形のメークィンをお勧めします。下まで切らないようにジャガイモの両端に割りばしを二本当てて、上から細かく切り込みを入れます。レンジで五~六分加熱して八割がた火を通します。
何かの器の中にジャガイモを置き、ニンニクをすりおろして溶かしたバター20gを上からかけ、全体に塩と胡椒をふります。ベーコンを一枚ずつ切れ目に挟み、250度のオープンで10分焼いたら粉チーズと粉パセリをふって出来上がり。かなり美味しいので複数作った方がいいかも、です。

2022.3.30(水曜日)

ザーサイアスパラ炒め

アスパラは根元の固い皮をむいて、食べやすいように斜め切りにします。ザーサイは微塵切りにします。ごま油で二つを炒めたらニンニクを少々加え、市販の創味シャンタンで味を調えましょう。中華飯店顔負けの一品ができあがります。

2022.3.23(水曜日)

スペアリブと新ジャガの甘辛煮

新ジャガはよく洗って、皮付きのまま適当な大きさに切ります。ショウガ、にんにく、ジャガイモ、スペアリブ、好みで赤唐辛子を入れて、醤油、みりん、砂糖、はちみつ、料理酒で甘辛く煮こみます。最後は炒めるようにタレを絡め煮したら出来上がり。ご飯が進みます。

2022.3.16(水曜日)

カボチャピザ

お皿にカボチャの薄切りを並べたら、レンジでチンして火を通しておきましょう。

上から炒めたベーコン、薄くスライスした玉ねぎ、ケチャップ、マヨネーズ、粉チーズをかけ、最後にとろけるチーズをたっぷりのせてオーブンで焦げ目を付けたら出来上がり。3分もあれば出来る超簡単レシピだけど、これがとても美味しいのですよ。味にパンチをきかせたかったら、チーズの下に炒めたベーコンを置くのもいいですね。

2022.3.9(水曜日)

美味過ぎキャベツ

まず春キャベツは一枚いちまい剥がして丁寧に芯を取り、軽くサッと茹でましょう。同じ鍋で豚肉バラの薄切り肉を茹でて、両方とも冷水で冷やして水気を取り除きましょう。豚肉を多めに入れながらキャベツと重ねるように盛りつければ、後はポン酢をかけて頂くだけです。茹でた湯は灰汁を取り除き、好きな具を入れてスープにしてくださいね。一度に2品出来る春レシピ、どうぞご活用ください。

2022.3.2(水曜日)

リンゴとセロリのクリームチーズサラダ

クリームチーズ20グラムは、キューブの形に切ります。りんごは皮付きのまま、イチョウの形に切ります。セロリも適当な大きさに切り、全部の具を大きなボールで合わせたら、マヨネーズとレモンで味を整えます。ウインナーやハムを入れても美味しいですよ。

2022.2.16(水曜日)

絶品ガーリックトースト

フランスパンは1.5cm幅で8枚切っておく。

溶かしバター50g、おろしにんにく小さじ1、パン粉小さじ1、粉チーズ大さじ1.5、オリーブオイル大さじ1.5、塩一つまみ、パセリのみじん切りを混ぜ合わせる。これをパンに塗り分けたら、トースターにアルミホイルを敷いてその上にパンを並べ、焦げ目がうっすら付くまで焼きます。

パン粉と粉チーズを入れるのが長田風。焼き立てが一番美味しいので、おやつに如何ですか。一枚目を口にしたら、たぶん二枚目にいっちゃいます(笑)

2022.2.9(水曜日)

ハイカラ果物カット

上ははっさくとイチゴ。下はデコポンとイチゴですが、緑が何故か三つ葉です(笑)

皮は最高の器になります。

2022.2.2(水曜日)

白い天津飯

一人分に卵二個を使いますが、白身一個分だけ別にしておきます。まず「あん」を作りましょう。お鍋に水を入れてうっすら色づくくらいの牛乳を足してお湯を沸かしたら、過日にご紹介した「ヒガシマルうどんスープの素」を入れます。「創味シャンタン」でもプロの味ですよ。味を調えたらカニカマを細かく切ってほぐしたものを入れ、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみを付け、そこへ一個分の白身だけを入れてかき混ぜれば「白いあん」のでき上がりです。

先ほどの残りの卵一個半に大匙一の牛乳を入れて良く混ぜたら、中に刻みネギをたっぷり入れ、お好みで茹でたエビなどを加えても良いでしょう。フライパンに多めの油を入れて焦げ付かないよう、根気よくきれいな卵焼きを作りましょう。

ご飯を盛って卵焼きを上にのせたら、たっぷりの「白いあん」をかけて頂きます。飾りつけにネギや三つ葉などを刻んでのせましょう。寒い日の最高の一品ですね。

2022.1.26(水曜日)

エビと里芋のあんかけ

ちょっぴり料亭の味がする、お洒落な一品をご用意しませんか?まず、「あん」を用意しておきます。あんは、先週ご紹介した「うどんスープの素」を使うと便利です。沸騰したら水溶き片栗粉を入れて味を調えます。

里芋2袋はよく洗ってレンジにかけ、昆布茶を加えてすり鉢でよく擂り潰しましょう。 冷めたところへ大雑把に潰したエビ350gを入れて混ぜ、つなぎに小麦粉を大さじ3杯ほど入れて混ぜたら小判形に整えましょう。 好みでネギのみじん切りをいれてもいいでしょう。 片栗粉を両面につけたら少し冷蔵庫で冷やし、その後で油を敷いたフライパンに並べて弱火でじっくり焼きます。火が通ったら器に並べて、あんをかけたら生姜とネギを散らして召し上がれ。かなり料亭の味ですよ。