バイオリン演奏出張のお申込み(結婚式、祝賀会、ホームパーティetcに出張演奏します)は安心料金で明るく元気な私たちにお任せ下さい。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

258件中 31〜40件表示

2016.12.28(水曜日)

ダイコンのエビあんかけ煮

お米のとぎ汁でダイコンとエビ、ほたてを煮ます。白だし醤油、酒、かつおダシで味付けをしてダイコンに火が通ったら、水とぎ片栗粉を入れてアンにします。お皿に持って柚と三つ葉を飾りましょう。おいしい。

2016.12.21(水曜日)

マッシュポテトのクリスマスツリー

ジャガイモは皮をむいて、レンジでチンして熱を通した物をマッシュします。

次に弱火でバターを多めに溶かして、そこにマッシュポテトを入れて、少しずつ牛乳を加えながら木杓文字で練り込んで行きます。途中でコンソメ顆粒を少し加えて薄い味を付けましょう。熱が通ったら、適度に冷えたら絞り器の中へいれてツリーを作りましょう。茹でたブロッコリーとニンジンを飾って出来上がりです。

2016.12.14(水曜日)

青菜炒め

小松菜かホウレンソウを使って炒めます。フライパンに多目のゴマ油を入れて熱したら、にんにくのみじん切りと豚肉を入れ、火が通ったら菜を入れてサッと炒めて、鶏がらスープの顆粒と塩だけで味付けします。サッパリして美味しいですよ。

2016.12.7(水曜日)

さつまいもの春巻き

サツマイモの皮をむいたら適度な大きさに切って、しばらく水につけます。

牛乳を少し入れてレンジにかけてサツマイモに熱を通します。春巻きの皮にマッシュしたサツマイモと、とろけるチーズ八等分の一をのせて巻きます。油で揚げたら出来上がりです。子どもが大喜びですよ。

2016.11.30(水曜日)

豚肉きのこどうふ

トウフ、玉ねぎ、エリンギ、シイタケを好きな大きさに切って、すき焼き風に煮ます。

盛りつけたら小ネギを振って出来上がり。簡単で食が進みますよ。

2016.11.16(水曜日)

シャケの白子ガーリック炒め

シャケの白子は本当に安くて美味しいですよね。長いままの白子を三センチほどのぶつ切りにして、沸騰したお湯で二分ほど茹でましょう。フライパンにバターを入れてシャケのシラ子とニンニクtubeを絞って入れ、焼き色が両面につくまで炒めたら、醤油と化学調味料を振りかけて味付けをしましょう。小ネギを散らして頂きます。注意は、食べる直前に調理して下さい。作り置きをレンジにかけると、組織が壊れて不味くなってしまいます。

2016.11.9(水曜日)

さつまいもとレンコンのレストラン風

サツマイモは皮つきのまま五ミリの輪切りにして、それを半月切りにしたら水にさらし、その後水気を拭き取って片栗粉をまぶします。バターを入れたサラダ油を多めに敷いたフライパンで、こんがり両面を焼いて火を通します。レンコンも同じようにして両面を焼きます。ここでの注意は、両方ともしっかりと焼き色をつけておくことです。フライパンに醤油2と砂糖2と酢1の割合で入れて火が通ったら、さつまいもとレンコンを入れて一気に絡めます。ゴマで飾ったら出来上がりです。おしゃれな一品の出来上がりです。

2016.11.2(水曜日)

さつまいもの巾着

さつまいもは皮をむき、一センチ幅の輪切りにして水にさらします。さつまいもの水分を拭き取って耐熱ボールに入れたら、ラップをしてレンジにかけて火を通します。熱いうちに丁寧に潰したら、バターをたっぷりとかした鍋に入れて砂糖も加え、バニラエッセンスを加えて牛乳で少しずつ適度な固さに調整していきます。熱が通ったら、少し冷ました後、ラップで茶きん絞りにして冷蔵庫で冷やします。栗きんとんに劣らぬ美味しさですよ。

2016.10.26(水曜日)

長田風坦々スープ

市販の「キムチ鍋濃縮タイプ(キッコーマンが美味い)」を買い、このスープを使って薄めて約1200ccのスープを作りましょう。貴方の好きな分だけ 練りごまをスープに入れ、すりゴマもできるだけ細かく磨って好きなだけ入れ、たら最後に粉チーズ(料理用チーズでも可)を好きなだけ入れたら実に簡単な担々スープの出来上がりです。これを何に使ってもOK。1日置くと、よりまろやかで美味しくなって最高。写真は、にんにく、ミンチ、ニラ、キャベツ、もやしをサッと炒めたものを器に入れ、担々スープを上からかけたものです。麺を入れたら、プロ顔負けの「坦々麺」が出来上がりますよ。

2016.10.19(水曜日)

料亭のさといも

まず、完成品にかける「あん」を用意しておきます。 里芋2袋はよく洗ってレンジにかけ、昆布茶を加えてすり鉢でよく擂り潰しましょう。 冷めたところへ大雑把に潰したエビ350gを入れてを入れて混ぜたら小判形に整えましょう。好みでネギのみじん切りをいれてもいいでしょう。 片栗粉を両面につけたら少し冷蔵庫で冷やし、その後で油を敷いたフライパンに並べて弱火でじっくり焼きます。 完成したら器に並べて、あんをかけたら生姜とネギをかけて召し上がれ。 ショウガとネギの代わりに、三つ葉と柚子でもいいですね。 あんと一緒に陶器か木製のスプーンですくいながら食べましょう。かなり料亭の味ですよ。