子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

  • 活動日記
  • 2019.8.26(月曜日)

愛知県の児童養護施設に伺いました。

児童養護施設豊橋平安寮幼児さんは幼稚園に行っており、乳児さんは参加しませんでした。小学生の一部は部活で参加出来ない子がいて全員で18名ほどでした。後から中学生が数名参加しました。

小学生なのに指をずっとしゃぶっている子、壁に座り込んで参加しようとしない子、バイオリンを弾いているのに耳に手を当てている子などがいました。リーダーが、バイオリンを聴く時に耳を当てるのは失礼だよと注意すると手を放しました。

子どもたちに前に出てきてもらい、1列に並んで耳元でリーダーがバイオリンを聴かせる時、リーダーが、落ち着きのない子にきちんと立てたことを褒めるとその子は気を良くして、しっかりやろうとするのが分かりました。

山崎さんの誘導に子どもたちはお遊戯、手話を元気いっぱいに出来ました。バイオリンゲームも真剣でした。

演奏後のバイオリン体験では、バイオリンの音が出ると嬉しそうな顔をして職員に写真を撮ってもらいました。どの子もいい顔をしていました。夏休みのいい思い出になるといいです。

機材を片付けて運んでいると3人の子が見送ってくれました。また、来れるといいです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。