子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

849件中 41〜50件表示

  • 活動日記
  • 2019.12.14(土曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0132_20191216000308久しぶりのお店でした。

慣れないせいもあって、朝一番で搬入の入り口をうっかり間違えてしまい、一方通行をなんと逆に入ってしまいました。

特に支障はなかったのですが、ガードマンさんからすぐに注意を受けました。

 

ところが、このガードマンさんがすごく優しい人で

やんわりと厳しく注意され、若いのになんて落ち着いた雰囲気を持った人なんだろうと感心しました。

こういう人に出会うと、私はその方の母親の育て方に感心します。

お母さんが素晴らしい人だから、こんな立派な男性が育つんだろうと考えるのです。

 

店内で機材を設置していると

なんと千種店と守山店にいらした職員さんに再会することができて感動しました。

「うわぁ、お元気でしたか」

皆で懐かしくご挨拶をして、朝から温かい気持ちになれました。

 

いよいよリハーサル

すぐにお店の方々に「お好きな曲をリクエストしてください」とお願いし

星に願いをなど六曲がそろいました。

お客様が次々と座って聴いてくださって

本当にありがたい限りでした。

 

真ん前のお店には特に気を使い

音量を尋ねに伺いましたが

「大丈夫です。楽しみにしています」と嬉しいお返事を頂きました。

ありがとうございました。

 

一部

子ども達がいっぱい集まってくださり

会場は満席状態になりました。

お客様も元気にリクエストをしてください、大変助かりました。

 

子ども達も元気にお遊戯ができて、パプリカなどを楽しそうに踊ってくださいました。

体験では

「うわー、バイオリン弾いちゃったね」

「すごいぞ、すごいぞ。カッコいいなー」

「なかなか似合っているぞ」と

写真を撮りながらママたちよりパパたちの方が喜んでいらして

観ていて本当にほほえましい光景でした。

 

ただ、一点

本当に残念だったのは

雷を拾った時に起こるスピーカーからの機械音でした。

リハーサルの時には全くなかったのに、

午後のステージになって何度か機械音に見舞われました。

お客様には「気象の変化、電気工事など、何かの異常に機材が反応しています」と申し上げ

丁重にお詫びをさせていただきました。

 

二部

一部同様、満席状態になりました。

子ども達もたくさん集まってくださいました。

お遊戯の時に機械音が鳴ったら良かったのに

ホワイトクリスマスなどのクールダウンをする曲の演奏時に機械音に結構見舞われて

一部よりひどくなりました。

 

お客様も嫌な顔をする人がいらしたので

一部と同じように説明しお詫び申し上げました。

舞台としては精いっぱい努めましたが、やはり機械音にはまいりました。

演奏者がクールダウン状態でした。

 

終わってご挨拶に行くと

「子どもがいっぱいいたね。呼んだの?」と冗談を言われたそうです。

そんな器用な人間ではありません(笑)

とにかく機械音についてはお詫びしましたが、

何が原因なのか大いに気になりました。

 

機材一式を購入したお店の

詳しい方にお聞きしましたら

「演奏家としては不運としか言えない状況だと考えられる」そうです。

まずは明日の状況を見よう・・ということになりました。

  • 活動日記
  • 2019.12.13(金曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0126_20191215000318毎月伺うお店です。

今日は平日なので、お客様が集まってくださるか心配しながらの演奏でした。

 

 一部

開店と同時に弾き始めました。

皆さん急ぎ足で入店されて

バイオリンを聴くようなゆとりはないといった感じでした。

それでもチラホラと足を止めて聴いてくださるお客様がおいでになり、

なんとか20分のステージを無事終えることができました。

 

二部

早くから若いママと可愛らしい女の子がマットに座られ

始まるのを今か今かと待っていてくださいました。

 

結構なお客様に集まって頂いたので

こちらも嬉しくなって

40分ほど延長して弾きました。

 

途中ご年配の男性が

(前にいるお子さんにさんぽを弾いてあげて)と気遣われ

一同がその優しさに感動されました。

もちろん、お子さんが喜んでいたのは言うまでもありません。

 

三部

満席になりました。

いろんな曲が活発にリクエストされました。

45分思いっきりお応えしました。

エンジェルインザスカイ

威風堂々など

普段あまりリクエストされない曲で賑わいました。

センスの良い方が多かったです。

 四部

お客様の数が少なくなり

私達の客席も必然的に少なくなりました。

それでも熱心に聴いて下さるお客様が

いらっしゃり

どれほど支えになったか知れません。

女の子のママが

ホールニューワールドをリクエストしてくださいましたから

お子さんのお耳の横で丁寧に弾きました。

嬉しそうにして聴いてくださったので

こちらも嬉しく思いました。

 

Iさん

姿が見えると

心からホッとします。

今年もIさん始め

たくさんのお客様や

温かい職員の皆様に支えられた一年でした。

 

お礼の言葉も見つかりません。

ありきたりで申し訳ないのですが

心から感謝申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

  • 活動日記
  • 2019.12.8(日曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0130_20191209164237毎月演奏に伺うお店です。

「おはようございます」と、今ではお友達のようなお客様が

次から次へとあいさつにきてくださいます。

客席は開始前からどんどん埋まり、あっという間に満席状態になりました。

まるで家族のような関係になれて

お店の大きなお力に支えられていることに本当に感謝しかありません。

 

担当の方も気持ちよく

いつも笑顔いっぱいで迎えて下さり、伺う度に幸福感でいっぱいになれます。

 

「この後に何を続けますか?大きな声で私の後に続いて歌ってください」と申し上げ

最初にジングルベルのワンフレーズを歌ってお客様にバトンタッチしました。

やはり皆さん「若く明るい歌声に・・・」と青い山脈の歌い出しに続きましたので

若いママのところへ行って、もう一度尋ね直すと、ジングルベルへと歌が続きました。

 

「青い山脈に続いた人はご年配の証拠です。安心してください。私も青い山脈に続きました。お友達に試してくださいね。」と笑いが取れて大成功。

職員さんが本当にザックバランなので、このお店ならではの演出ができました。

 

一部

クラシック、ポピュラーなど多くの演奏が叶いました。

ここのお客様は本当にお歌が好きなので、なるべく多くの歌を用意するのですが

親子のバイオリン演奏も組み込んで45分のステージでした。

お客様はそれでも、まだ足りないといった様子満々なので

ここまでの会場にされたお店のご尽力にはいつも頭が下がります。

 

舞台を行う間、席を立つ方はほぼいらっしゃいません。

立てば、すぐに次の方が座られます。

会場は六割がた、顔見知りのお客様です。

ちゃんと私たちの出演日を覚えて下さっているのです。

こんな有り難いことはありません。

 

舞台が終わると

あるご年配の女性が私の傍においでになり

「孫のことで相談があるの」と声をかけてくださり

30分ほどお付き合いさせていただきました。

結論としては、「今はもう子どもの問題解決はやっていない」と申し上げることで終わりました。

いくら孫であっても

自分の子どもでない限り育児に手を出すことはできないと申し上げ

あなたの考え方の方が正しいと肩をポンポンと叩きながら

「がんばれ」と見送りました。

涙を流して嬉しそうにしていらっしゃいました。

 

気付けばメンバーがコーヒーなど買いに行ってくれていて

温かいコーヒーとお客様の差し入れのお団子を頂きました。

ごちそうさまでした。

 

二部

一部のように揃わなかったので大丈夫かなと思っていると

五分前頃から続々とお客様が集まってこられ

開示時には八割がた

最後には95%ほどの満席に近い状態で終わることができました。

 

さっき相談にのった女性も

またおいでになりました。

二曲もリスエストをされて、本当に元気よく手を挙げてくださいました。

少し気持ちが晴れたなら嬉しいです。

 

「明日は今日と同じという保証はどこにもありません。

だから、今日が本当に幸せだと思って感謝しているんです。

今年も皆さんに支えられた一年でした。

皆さんに支えていただかなかったら、今日の幸せはありません。

本当にありがとうございました。

お世話になりました」とあいさつを申し上げると

会場から大きな大きな拍手が起こりました。

 

今年のクリスマスイブは、京都から成田まで500キロ以上の移動になります。

途中、サービスエリアのお風呂に入るという初体験が待っています。

そして、車中泊になりますが

きっと思い出深いイブになるでしょう。

こういう生活が大好きです。

そう申し上げた時の、みなさんの驚きの笑顔も大好きなんです・・私。

ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.12.7(土曜日)

滋賀県の大型商業施設で演奏させていただきました。

l久しぶりに伺いました。

前回、リニューアルオープンでおよび頂いた時の

職員の方々の凛とした仕事ぶりを懐かしく思い出しながら演奏にあたりました。

いつものように開店時に「かけっことびっこ」を演奏しますと

お客様が驚いた感じで通り過ぎていかれる様子がありました。

中にはニコニコしながら足を止めて、ご夫婦で聴いてくださる方もいらっしゃいました。

 

二手に分かれて、

谷川と長田はバイオリンを持って三階、二階をまわり三か所で演奏しました。

職員の方たちが温かい拍手をくださいました。

レジ前では「まあ、こんなところで」と言いながら

女性のお客様が笑顔で聴き入ってくださいました。

一方

他のメンバーはお客様に声をかけて体験演奏を呼びかけましたが

遠慮がちなお客様が多くて

二組の親子の方が体験演奏をしてくださったようです。

 

一部

「チラシを見てきました」という親子連れの方。

子ども広場でお声がけした親子の方。

体験演奏をしてくださった親子連れも皆さん参加されて嬉しかったです。

 

心配したこともなく、スムーズにリスエストの声がかかりましたが

ポピュラーの曲ばかりを好んで選ばれました。

子ども用のマットの上には15人ほどの子ども達が元気よくお遊戯をしてくれました。

このころから立ち見が多くなり

満席で立ち見に囲まれる状況まで確保できましたが

子どものお遊戯が終わると立ち見のお客様が引いていかれ

次に演奏したベートーベンの春を演奏し終える頃には

80パーセントほどまでに下がりましたので、次は子どものステージを長くしようと考えました。

 

バイオリン体験は多くの親子が参加してくださり

お孫さんの体験演奏で付き合っていただけなかったおばあさまが

お孫さんの体験で

「こりゃーなかなか筋がいいかも」と大笑いしていらっしゃり

リラックスした光景が見受けられて良かったと思いました。

「バイオリンが弾けるなんて最高」とか

「バイオリンを弾くなんて思いもしなかった」など

みなさん喜ばれて帰って行かれました。

 

二部

一部同様

開始時、二時の45分前に二手に分かれ

バイオリン体験と各階の演奏を実施。

子どもの広場の前で演奏したら

子ども達が嬉しそうに遊びを止めて聴いてくれました。

職員の方々が快く協力してくだり

麻雀や将棋に熱中していらっしゃるお客様の横で演奏すると

演奏後に男性の方が手を挙げて応えてくださったり

子ども達がかけ寄ってきて「さっきはありがとう」とお礼を言ってくれました。

よく見れば、一部でお遊戯をしてくれた親子連れがおいでになり

タッチをして別れました。

 

残念ながらお子さんの数が少なく

一部のようにはお子さんが集まってくれませんでしたが、

それでも子供たちが八人ほどでお遊戯を頑張ってくれました。

最期までしっかりとバイオリンを聴き

体験も前向きに頑張ってくれて、良い子たちに恵まれたと感謝しています。

 

お客様も積極的にリクエストをしてくださり

一部より少ないお客様ではありましたが

落ち着いて演奏することができました。

最後にホワイトクリスマスを演奏して、静かに舞台を終われたことをお客様に感謝しています。

 

体験では一人一人に時間をかけて付き合ってあげました。

みんな嬉しそうに帰って行かれました。

 

おばあさまに代わって女の子の体験に付き合ってくださった

別の小さな息子さんのパパ・・本当にありがとうございました。

パパの演奏中に、その息子さんのお守りをしてくださった

別の娘さんのママ、心から感謝いたします。

子ども達のお遊戯を笑顔で見守り

長田の「この良い子たちに大きな拍手をしてあげてください」とのお願いに

本当に大きな大きな拍手をしてくださり、子ども達も照れながらとても嬉しそうでした。

またお客様に支えられて、無事ステージを終えることができました。

ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.12.4(水曜日)

名古屋市内の上飯田移動児童館(in楠地区会館)に伺いました。

無題15組くらいの親子が参加しくださり、殆ど1歳前の乳児さんで、幼児さんは3人ほどでした。「ホールニューワールド」「エトピリカ」を聴いていただきました。リーダーがバイオリンを弾きながら近づいて行くと乳児さんなのですが、リーダーの顔をじっと見て身動きもせずに聴いていました。

その後、親子でたっぷり楽しんでいただきました。「となりのトトロ」はお母さんが子どもさんに歌って聴かせて、「ミッキーマウスマーチ」は親子体操、「アンパンマン体操」は幼児に踊ってもらい、「さんぽ」は親子体操、「赤鼻のトナカイ」は幼児に踊ってもらいました。

最後に「星に願いを」で終わりました。赤ちゃんはお母さんに遊んでもらうと、ニコニコ笑顔でいい顔をします。お母さんたちが協力的で助かりました。

ホームページから「バイオリンコンサートとっても楽しかったです!娘もじーっと聴いていましたが、母の私も癒されました」とコメントをいただきました。

こちらこそ、赤ちゃんの笑顔に癒されました。ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.12.3(火曜日)

名古屋市内の高齢者施設に伺いました。

1680a5af9686b62448f10bc714e3966c-480x320名古屋市内にある高齢者施設へ、二人でボランティア演奏に行ってきました。

久しぶりの演奏でしたので

責任者の方にお会いできることが、とても楽しみでした。

 

全く変わらない、気さくな笑顔にまた迎えられ

「元気だった?」

「たまには会おうよ」

そんな会話で元気そうな責任者にお会いできたことを、とても嬉しく思います。

 

彼とは年が離れていないので

あんまり気を使いません。

私がボランティアで伺っている演奏先の職員さんは、

本当にリラックスしながら仕事ができる施設ばかりなのでありがたいです。

 

二つの施設から高齢者の方たちが集まり

賑やかなクリスマスコンサートになりました。

 

大きな声でお歌をいっぱい歌っていただき

笑顔をいっぱいくださり

私達の方が幸せな気持ちになれて心から頭の下がる思いです。

 

高山から名古屋に移り住んだという利用者さん。

静岡から名古屋に移り住んだという利用者さん。

職員さんの中には九州の女性が二人もいらっしゃり

全国の人達との貴重なご縁を頂いているんだなーと思うと、ホントに感動でした。

 

みんなの気持ちが一つになりました。

「少し早めの素敵なクリスマスのコンサートでしたね」と職員さんが言ってくださいましたが

私達に取りましてもまったく同じで、

本当に少し早めのステキなクリスマスコンサートになりました。

 

ありがとうございました。

また、伺います。

  • 活動日記
  • 2019.12.1(日曜日)

大阪の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0117_20191202141910今日は大阪でした。

朝の五時に名古屋を出発して

夜が明けたばかりの大阪の街に到着しました。

 

大阪の人達は本当に明るく、元気で、ハッキリしていらっしゃるので

とても分かり易くて仕事にやりがいが持てます。

企画内容は、シンガーソングライターの若い人たち三グループの後に

バイオリンのコンサートを開くという流れになっていました。

 

若い人たちの舞台を拝見しながら、学んだことがあります。

皆さんが

「最後にバイオリンコンサートを聴いていってください」と必ず宣伝してくださったことです。

中には「有料なのと聞かれたから無料で聴けるんですよと答えました」まで言って

舞台の途中であるのに「すくすくの演奏を聴いてください」と勧めてくださり、

若い子たちの頭の良さには脱帽でした。

 

自分の若い頃なら、こんなことは絶対にできなかったろう。

そう思いつつ、気配りができて

とても頭の良い今の若者をとても心強く感じました。

 

一部

客席が増やされました。

頑張らなくてはならないと、強く感じました。

子どもさんが少ないため

大人向けのステージになりました。

リクエストをとりながら進めるのですが

とにかく参加型の姿勢は失いたくなかったため

急遽、バイオリン体験を組み込みました。

 

「このバイオリンを私達と一緒に演奏したい人」と伺うと

若い女性と、小さな女の子が手を挙げてくださいました。

女性は学生の時に少し弾いていたと言い

小さな女の子は、私のバイオリン演奏を一番前でジーッと観察していたお子さんでした。

 

二人がバイオリンを習っている間

バイオリンクイズを実施。

大人の方たちが「消しゴムセット」をゲットして苦笑いしていらっしゃいました。

 

お二人ともエトピリカを上手に演奏できて

お客様から大きな拍手を頂きました。

女の子がすごく満足そうなお顔になっていたので、心から嬉しかったです。

ママも本当に笑顔いっぱいで娘さんを迎えていらっしゃいました。

良かった良かった(^^)

 

客席も立ち見まで出て大盛況。

職員さんや演者さんたちのご支援の賜物だと思っています。

ありがとうございます。

 

二部

やはり三グループの方々が、私たちのことを宣伝してくださり頭が下がりました。

腰掛が増やされて、今度は三グループの若い演者さんたちまで客席に着かれました。

いつもはご年配の方々

若い親御さんや子ども達のお客様が多く

若い子たちに囲まれて演奏するのは本当に少ない経験でした。

 

とても勉強になる。

若い人たちに満足していただくためにはどうすることが大切か

やはり「自分はどう見られるか」の心を捨てて

お客様の満足だけを考える心を維持することが一番良い仕事になると割り切りました。

 

若い人は、大きく、ハッキリリクエストされました。

ハナミズキ

ありがとうと

若者らしい曲が続きました。

「良ければお歌を歌って支えてください」とお願いしましたら、大きな声で歌って応えてくださいました。

 

「バイオリン体験」では

前列の小さな男の子と

演者さんの一人の女性が大きな手を挙げてくださいました。

 

女性をよく観れば、舞台衣装のままなのか

ボディコンというのか、おなかから背中までが丸出し状態で、とにかく寒そうです。

おなかを出した状態でバイオリンを弾いていただいたのは初めてですが(笑)

若い綺麗な女性がおなかを見せたままでバイオリンを弾く姿に

すごく意外性があって素晴らしいと思いました、、マジで(笑)

 

男の子も熱心に弾いてくださり、

ママも大喜びでお帰りになりました。

良かった良かった(^^)

 

小さなお子さんから

リクエストに「ホールニューワールド」が掛りましたので、

その子の前でしっかり演奏してあげました。

ママが動画を全て撮っていらっしゃいました。

良い思い出にしていただけたら嬉しいです。

 

立ち見も出て大賑わいでした。

駅前にある大きなツリーを見ながら「G線上のアリア」をお聴きください、と申し上げ

讃美歌を弾いて締めくくりました。

 

帰りはルンルンに心豊かな思いで家路に着きました。

途中、ガソスタでガソリンをいれ

コンビニで買ったスナックをほおばりながら帰りました。

名古屋に着いたら九時半でした。

ご苦労様でした。

今日も悔いなく仕事ができました。

ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.11.30(土曜日)

三重県の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0110_20191202141841かぶきコートに搬入を済ませて、配置や機材の設置に動きました。

その間、お客様がチラチラ案内のチラシの前に立ち止まって、じっと目を通されるのが分かります。

中に「本当にバイオリン五本も来られるの?」などと聞かれた女性がいらっしゃったので

「はい、よろしくお願いします」と答えました。

それはすごいということで、さっそく一部においでになり本当に嬉しく思いました。

ありがとうございます。

 

一部

前回と比べて、十一時だというのに八割がた客席が埋まり

積極的にリクエストがかかりました。

静かに三十分だけ演奏して、つつがなく終わりました。

 

二部

子どものステージを開始しました。

最初からたくさんの親子連れが次々といらっしゃり

アッと言う間に満席になり

途中から立ち見も出て活気のある舞台となりました。

 

パプリカやアンパンマン体操を元気よく踊ってくれて

バイオリンの視聴体験も、山崎が後ろからホローしてくれているため

安全且つ、親御さんにも「丁寧さ」「安全」を訴えることができるかなと感じました。

 

三部

一部や二部に比べると舞台は少し寂しい感じになりました。

でも、子ども達がたくさん集まってくれてお遊戯など元気にしてくれましたので

「この良い子たちに大きな拍手をして褒めてあげてください」と客席にいらっしゃる親御さんたちにお声を掛けました。

みなさんニコニコしながら大きな拍手をくださいましたので

何とか責任が果たせたかなと思います。

 

とにかく、以前にも増して「丁寧」に

「押しつけ」に思われないよう、

真の熱意を持って働いています。

例えどのような理不尽なことがあっても

「自分は精いっぱいの仕事をしたんだ」と胸を張れるような自分でいられるよう

より努力し続けなくてはならないと決意しています。

  • 活動日記
  • 2019.11.24(日曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0102_20191125183338このお店も毎月伺うお店です。

今日はマットを多めに敷いて、やる気満々、

満席にできるようプレッシャーを背負って行こうと

スタッフの方たちの前で誓い合いました。

ツリーとツリーの間に「すくすく合奏団」のプレートを貼らせていただき

何だか申し訳ないような気がして恥ずかしかったです。

なので百均へ行って、ささやかなサンタの飾りを置いてお返ししました。

とにかく、子ども達がたくさん集まってくれることに徹して演奏しています。

スタッフの人が「教育の現役」という文字を紹介の中に用意してくださっていたので

「ただのおばさん」でお願いしますと頼みました。

約束は絶対なので、全ての場で共通する必要があります。

中途半端が一番いけません。

そんなつもりではないといくら弁解しても、誤解を招くような言葉は全て切り落とし、約束したことは全店で共通させるのは当然のことです。

一部

子どもがたくさん集まってくれて、満席状態でした。

バイオリンの音色を聴かせるとき、

子ども達の背後から耳にかかった女の子の髪の毛を

耳にかけてあげた山崎の姿勢はさすがプロだと褒めました。

ただ、まだ「あうん」の呼吸ができません。

バイオリン視聴の時の充実したお客様へのホローのための教育を

山崎や仲間に徹底して指導していこうと思っています。

リクエストに「アナ雪」を加えたことで

最近では最初のリクエストが必ずそれになりました。

子ども達も親御さんも、最後まで笑顔でいっぱいです。

携帯を手に持ったまま、写真をいっぱい撮っていらっしゃいます。

バイオリン体験でも

「すごい」「カッコいい」「良かったね」と親御さん。

「楽しかったよ」「バイオリン弾けた」とお子さん。

見ているだけでこちらの母性をくすぐられます。

幸せな時間をありがとうございました。

二部

やはり、客席もマットの上の子どもたちも、満席状態で始まりました。

アナ雪から始まって、リスエストは元気よく続きました。

パプリカを踊り、

小さな世界で手話を習い、

元気な子どもたちが一生懸命お遊戯してくれました。

お店からお菓子をもらい、

ゲーム券をもらい、子ども達は本当に嬉しそうです。

お店のご配慮に感謝です。

バイオリン体験も大盛況でした。

ありがとうございます。

いつも来てくださるi子さん。あなたのお顔を拝見させていただく度、最近の私たちはホッと安心できるようになりました。

「あなたは天使のようだ」?・・と言っていただきました。

とんでもない(笑)

i子さんに、そのまんまお返しいたします。

お会いできたことに心から感謝いたします。

また、来月も伺います。

スタッフの方たちも笑顔で見送ってくださったので、良かったーーーと胸を撫でおろしました。

素敵な一日をありがとうございました。

いつこ

より:

2019.11.25(月曜日)

iです いつも 至福の時間をありがとうございます。今日初めてとおつしゃるお隣の方と音楽で 世なおしされている方々ですね。その思いが伝わってきます。 また来ますと 帰って行かれました

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2019.11.23(土曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0100_20191125183422毎月伺っているお店です。

もうかれこれ五年近くになるでしょうか。

いろんなことがありましたが、本当にお店に支えられ、温かいお客様に支えられてここまで来ることができています。

先月台風で開催されなかったこともあり、お客様から

「元気だった?」

「待ち焦がれていたのよ」など、頭の下がるお言葉をたくさん頂戴しました。

一部

お客様が少しずつ増えていき、開始時には満席状態になりました。

リクエストにも積極的に声が上がりましたので、本当に助かりました。

旅愁、見上げてごらん夜の星を、ハナミズキ、花は咲くを四曲も歌っていただきました。声に張りがあって、本当にお元気です。

旅愁は特に美しい歌声が会場に響き渡りました。

お客様が大きな声で歌われると、通行しているお客様の足が止まり

立ったままで一緒に歌っていただけます。

ありがたいですね。

ここのお客様はご年配の方たちが多いので、いつも何か笑いをとることを考えています。

「話を聞くと励まされるわ」

「いつもここで元気をもらっていくの」となどと言っていただきますので、

責任は重大だぞといつも自分に言って聞かせています。

せっかく貴重なお時間を頂いているのですから、少しでも多くの心のお土産を提供しなくてはなりません。

お客様が笑ってくださると、心の中で「良かったー」と肩の重荷が少し降りる気がします。

お客様の笑顔だけが、私たちの唯一の支えなのです。

二部

懐かしい人がおいでになりました。

一人はNさんです。なつかしいといっても二か月目ですが、来ないかなーと思っていたら

いつもの通りおしゃれな出で立ちで来てくださいました。

早く痛みがなくなると良いのですが、あれだけオシャレなら大丈夫でしょう。

もう一人は、男性です。

コンサートに行って素晴らしかったという話を聞かせていただきました。

私達のコンサートは、「温かい」のだそうです。

一番うれしい言葉です。

母親、女性、年配ならではの温かさを前面に出して

私達でしか出せない雰囲気を出しながら

これからも演奏活動をしていきたいと思っているからです。

もう一人は私達の母親のようなUさんです。

本当にいつも温かい差し入れ、ありがとうございます。

温かい人たちのお顔を拝現すると、

嫌なことも悲しいこともいっぺんで無くなってしまいますね。

人とは、こんなに支えてくださる力があるんだと思うと

絶対に大切にしていこうと思います。

さあ、今度は何と言って笑いをとろうかな・・

いつも人の幸せにアンテナを立てて生きていこう、、そう思います。

ありがとうございました。お世話になりました。