子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

689件中 41〜50件表示

  • 活動日記
  • 2019.2.3(日曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0061_201902032356363年ほど、毎月演奏におじゃましているお店です。

最近、大人向けに静かな感じで演奏するように心掛けたら、お客さまの数が増えて来ました。親子連れが少なくなるかなと心配していましたが、全く影響ありません。

子ども達も最後までおりこうさんして聴いているので、つくづく工夫を凝らしていく必要性を感じました。

プレ演奏前に幼児を抱っこしたパパが近付いて来られ

「バイオリンがしたいんです」と、いろんな質問をしていらっしゃいました。

「葉加瀬太郎さんの曲が好きだ」と仰ったので

「リハーサルですが2曲続けて弾きましょう」とリーダーが言うと

「本当ですか!」と驚かれ、

「イスにおかけ下さい」とお勧めしているのに

嬉しそうに抱っこしたお子さんをゆすりながら立ったままでお聴きになりました。終わると深々と頭を下げて、とても嬉しそうに帰っていかれました。

リピーターのお客様がプレ演奏が始まるとすぐに、にこにこしながらスッとイスに座って頂ける方が多いです。

「いつもお友達を連れて来ているのよ」と言ってくださる女性の方。

「傍で聴いていると、嫌なことを忘れるの」と言ってくださる男性の方。

「知っていたけど座って聴くのは初めて。リクエストしていいの?」と聞かれカノンとG線を弾きましたが、なんと途中から立ち上がって聴いて、実に満足そうなお顔で帰っていかれました。お客様に喜んで頂いたと確認できると、本当に嬉しくなります。

フードコートからこちらの方向を向いて座り、最期まで静かに聴いて下さるお客様もいらっしゃいます。

「着物って、いいですね」とファーストキッチンの職員の男の子に褒めて頂きました。

担当の職員の方にも「着物、カッコいいですね」と褒めて頂きました。

「着物で演奏するだけあって、優しい音でした」と若いお父さんにも褒めて頂きました。

沢山の方々に褒めて頂けることを真剣に受け止め、心から感謝し

きちんと応え続けられるよう、日々創意工夫に努めなくてはなりません。

母親としての柔らかさを前面に出し、教育者としての意識も忘れることなく、より良いバイオリン演奏を考えて参りたいと思います。

ありがとうございました。

また来月もお客様に喜んで頂くことだけを考えて、しっかり頑張ります。

sukusukugassodan

より:

2019.2.12(火曜日)

ゆず子さん 書き込みをしていただきありがとうございます。 お返事が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。 私共の演奏を聴いてくださり、ありがとうございました。 バイオリン演奏、とても上手に弾かれていましたよ。 ご質問の件ですが、私共のバイオリンコンサートは お子様からご年配の方まで、幅広い年代の方に 楽しんでいただけるよう心掛けております。 お姉様のご参加、是非お待ちしております。 次回は3月23日(土)です。 メルマガを登録したのに届かない件ですが、ゆず子さんの アドレスを調べさせていただいたところ、毎日配信されて います。 前回も同じようなケースがありましたが、その方は携帯ショップ 行かれ解決されました。 下記の日本家庭教育再生機構のメールをメモして携帯ショップに お持ちください。 日本家庭教育再生機構のメールアドレス kateikyouiku2008@kcd.biglobe.ne.jp 温かい応援、ありがとうございます。 今後も創意工夫を重ね、多くのお客様に参加頂けるステージ作りに努めていきます。 日本家庭教育再生機構事務局

尼子ゆず子

より:

2019.2.4(月曜日)

おはようございます。 突然のコメント失礼します。 昨日の15時〜のイベントで、娘と2人でエーデルワイスを合奏させていただいた者です。(クレープ食べてた失礼な者です(>_<)すみませんでした。) 皆さまとても素晴らしい演奏で、曲の説明もわかりやすくて聴いていてとても楽しかったです。 最後もまたバイオリンを弾かせていただき、とても素敵な経験ができました。 ありがとうございました。 この話を姉にしたところ、姉は音楽がとても好きなので、私も演奏を聴いてみたいしバイオリンを弾いてみたいと言っていました。 すくすく合奏団の皆さまは子育て支援をしていらっしゃいますが、姉は独身なので子どもがいないのですが、一人で聴きに行っても大丈夫でしょうか? また、月一でこの施設で演奏をされているとお聴きしたのですが、来月のスケジュールなどわかりましたら教えていただけないでしょうか? それから、メルマガ登録もさせていただいたのですが、なぜか届きません(:_;) わたしの字が汚かったからかもしれません。すみません。 お手数おかけして申し訳ありませんが、もしよろしければ登録よろしくお願い致します。 お忙しいところ、長々と迷惑なコメント申し訳ありませんでした。 毎日大変だと思いますが、お身体に気をつけてこれからも素晴らしい演奏、そして活動をなさってください。 応援しています(^_^)!

リーダー長田

より:

2019.2.12(火曜日)

ゆず子様 貴方のメールアドレスは急いで消させていただきました(笑) さて、過分なお言葉を賜り、誠にありがとうございます。 私共は常に、お客様に如何に喜んで頂くかだけを考えながら演奏しております。 と言いましても大したことはございませんが、 努力だけは心掛けて参りますので、どうぞいついつまでも宜しくお願い申し上げます。 次回の演奏日は23日です。 お店のラインに加入されますと、必ず演奏日の連絡がはいるようですし お店の中にもお知らせはあります。 お姉さまにどうぞ宜しくお伝え下さいm(__)m

この記事にコメントを書く

  • 活動日記
  • 2019.2.2(土曜日)

滋賀県の大型商業施設で演奏させていただきました。

00540001_20190203235558お店の中を歩くと、職員の皆様が必ず笑顔で挨拶して下さいます。

男性職員の方が「何度か聴いたよ。バイオリンはいいね。頑張って」と褒めて下さいました。平和堂に伺うと、どこへ伺っても職員の方が穏やかで優しい人ばかりなので、その社風の素晴らしさに驚かされます。

開始40分前から20分間、子ども達のバイオリンの体験演奏を受け付けました。とても積極的に参加される親子連れが多く、バイオリンを嬉しそうに弾く我が子の姿に目を細めながら写真を何枚も撮る親御さん達の様子がとても微笑ましかったです。

開始20前くらいからお客様が集まり始め、子ども達が手に持った風船が客席に花を咲かせたようでした。

「いつも必ず来ています」と言われる年配の男性もいらっしゃり、御礼のつもりでリクエストを頂きました。

子ども達がお遊戯する姿を、いろんな客席から写真を撮る親御さんの姿がありました。

少し残念に思った事は、幼い子ども達数人がお遊戯でなかなか体を動かそうとしなかったことくらいでしょうか。大人しいお子さんが目立ちましたので、一人ひとりの子ども達のお耳の傍でバイオリン演奏を聴かせる時はみんな静かに聴いてくれて感心しました。

驚いたのはコンサートが終わった後です。

バイオリン体験は「次のステージの用意がありますので、ここで一旦終了させていただきます」と申し上げたほど、その様子を見た親子連れが次から次へと続きました。

風船50本の用意。歌詞カードなどの用意。ステージの前の体験演奏のサービス。他にもいろいろと3時のステージの用意がありましたので、次々と続く勢いがありましたがたいへん申し訳ない事をしました。

また、「私これで3回目なんですよ。子どもも私も、本当に楽しませて頂いています。今度東京へ引っ越すんですけど、そちらには来られますか?」とわざわざ声をかけて下さった若いお母さん。「関東は行けません」と申し上げて謝りました。

「この子の名前、かのんて言うんです。子どもがカノンを聴いて大喜びです」と、女の子を連れたおばあちゃまが嬉しそうに声をかけて下さいました。

とても充実した舞台を経験させていただきました。心から感謝申し上げます。

  • 活動日記
  • 2019.1.20(日曜日)

スタジオで練習をしました。

1406376639650児童養護施設の演奏が、インフルエンザで取り消しになってしまいました。

子ども達は大いに楽しみにしていたので残念ですと、職員の方からの電話がありました。

スタジオを急遽予約し、ベートーヴェンの春と唱歌などの録音を実施しました。

認定NPО法人の認可に向けて、経営の内容の見直しの時がきています。

社会問題に取り組めるよう、教育者の経験を生かしバイオリンを使ってどう社会のお役に立つのかをしっかり確立していく必要があります。

  • 活動日記
  • 2019.1.19(土曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました。

無題いつもとは違って午後二時と四時のステージでした。

二時は子どもさんの参加がたいへん多く、親御さんも大喜びで写メなど撮っていらっしゃいました。

バイオリン体験も長い列が続き、全て対応するのに大変で≪心の中で嬉しい悲鳴》が上がりました。

「あなた達、いつも着物を着て演奏するの?」と言う品の良い女性のお客様が尋ねられましたので

「はい、今年から全て着物で演奏しようと決めました」と申し上げると「本当に感心ね。とても良い事だと思うわ。頑張ってね」と言って頂きました。

男性の方も「琴?」と聞かれるので「バイオリンです」とお応えすると

「へぇ――。和風と洋風の両方が生かされているのだね」と言われ、最後まで熱心に聴いてくださいました。

イベント会社より三人の幹部の方がいらっしゃり、私達の演奏内容を見学していかれました。「バイオリン体験は素晴らしい」と言って頂き、何かの時には声をかけて頂けるようになりました。

四時のステージは子どもの数も減り、しっぽりとした大人向けのステージ作りに努めましたが、それでも多くのお客様が耳を傾けてくださいました。

着物での演奏は、私達の年代にはピッタリな気がします。

外国の方は音楽がお好きな方が多く、私達の演奏も興味津々で耳を傾けてくださいますが、着物となれば尚更でした。

これからオリンピックも万博も行われますから、着物の演奏は夢があって素晴らしいです。

特に弾き辛いことも無く、和服の演奏は順調に進んでいます。

  • 活動日記
  • 2019.1.14(月曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

IMG_2334着物姿で伺うと「まあ、素敵な御召し物ね」とどこのお店でも必ず数人のご年配の女性から褒めて頂けます。今日も同じでした。

静かな曲ばかり選んで品良く演奏を続けますと多くの方達が取り囲んで下さり、途中からイスが足されました。

「なんて温かいの。いろんなコンサートへ伺うけれど、貴方達が一番温かい音がしたわ」とか

「あなた達の演奏は本当に優しいの。貴方達の生き方がそうさせるのだと思うわ」など勿体ないお言葉をいただき恐縮です。

実は千種区の大型商業施設で品の良い女性から

「私、いろんなコンサートに行くんですけれども、貴方達のコンサートってなんだか田舎の野良仕事のような、のんびりした感覚を味わえるって感じで凄く良かったわ」

と、褒められたのかイヤミを言われたのか(笑)翌分からないことがありました。

私は心の中で「エ―――ッ!野良仕事?」と大笑いで、仲間に伝えても五人で大笑いでした。笑顔いっぱいで言って頂いたので『マッ、悪いことではないのかな』と安心したものでした。

自分達には何が優しいのかサッパリ分かりませんが、

母親であること

年配者であること

五人のうち四人が教育者であること

小笠原流礼法を学んだ経験なども活かし、こういった私達独特の個性をより高めるため、今年から大型商業施設の全ての舞台を袴姿でバイオリン演奏することに決定しました。

今年は認定を申請する訳ですから、日本の文化を今まで以上に大切にしながら活動したいと思っています。

今年は着物姿で、熱い、暑い、年になりそうです(笑)

 

  • 活動日記
  • 2019.1.13(日曜日)

滋賀県の大型商業施設で演奏させていただきました。

無題最初のステージは午前中でしたが、バイオリンを弾く手が凍えてしまって上手く動かず、改めて滋賀の寒さを知りました。

こんなことは滅多にないことなので一時はどうしようかと思いましたが、お客さまも同じだと思って頑張りました。

みなさん興味深い顔をしてくださるのですが、なかなか座ってくださるところまで繋がりませんでした。

「素敵だったわ。今度は何処へ行かれるの? そこへ伺うわ」と終わりがけに言われる方が話しかけてこられ、お名刺を頂きました。とても立派な方でしたので驚くと共に、感謝のお手紙をお出ししておきました。

お昼にはお店で買ったイチゴや惣菜を頂き、体が温かくなりました。

午後からは気温も少し暖かくなり、お客さまが最後まで座って聴いて下さる方が多くなって腰かけも増やして頂きました。

琵琶湖周航をとても大きな声で皆さん歌ってくださり、如何に滋賀県の方がこの歌を好きなのかしみじみ分かるというものでした。

「ずうっと待っていたんですよ。今日も良かった」と気軽に声をかけて頂き有り難かったです。

演奏場所から考えると、今度は暖かい時の方がお役に立てるかなと思いました。

  • 活動日記
  • 2019.1.12(土曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

00490002_20190113134614新しい年になって初めての演奏でしたので、静かで品の良い曲や音色の美しい曲を選んで弾きました。

皆さん目をとじて聴き入って下さり、本当に有難かったです。

ここのお客様は明るくて積極的で、バイオリンに合わせて、いつも大きな声で歌ってくださいます。

中にはお電話を下さり「風邪をひいて行けないの」と言って下さり、そんなシンドイ時にわざわざ電話で謝って下さり、本当に申し訳ないと思います。 

今日も一日たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

  • 活動日記
  • 2019.1.6(日曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました。

ヴェルサウォーク西尾H31.1.6一時のステージは、いつもより空いていましたが、それでも20人以上の子ども達が集まってくれましたので子どものステージにして親御さん達に大サービスしました。

 

三時のステージは、子どもたちが座るマットに座れない子どもたちが立って参加するなど、少なくても子どもだけで50人はいたと感じました。

子ども達の立ち見が出るというのは、本当に驚きです。

 

最近では顔見知りのお客様が多く、最初から親子でワクワクしながら座っているという感じが見受けられるようになりました。

 「何時からですか?」

 「今日はどんな曲を弾くんですか?」など質問も多く、歓迎して頂いていることが分かります。

 体験では長蛇の列が並び、親子の笑い声が続きました。

 「かわいい」

 「かっこいい」

 お家へ帰っても話題として出たのでしょうか。

 こちらまで幸せになれるような1日でした。

  • 活動日記
  • 2019.1.4(金曜日)

名古屋市内の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0043_20190105224702今日は、お客様が温かく迎えてくださるお店の演奏です。

 会場は二回ともほぼ満席になり、途中退席もほとんでなく最後までご清聴下さる方がほとんどでした。

「今日は袴なの!素敵だね」

「ああ、生き返った。本当に生き返った」

「いつも、楽しみにしているんだよ」

と、次から次から声をかけて励ましてくださいます。

帰りには、喫茶店のマスターに新年の記念撮影をして頂きました。

 

  • 活動日記
  • 2019.1.3(木曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました。

DSC_0040_20190103183937今日も着物で演奏しました。

午前中はお客さまがあまりいらっしゃらなかったのですが、それでも沢山のお客様に聴いて頂きました。

お正月ですので、しっぽりした感じでゆっくりリラックスできるような曲を演奏しました。

「いつもあなたたちが来るたびにきているのよ」と言われたご年配の女性。

「この子、今日で三回目の体験です」と仰るお母さん。

「チラシに載ってたから来たよ。昨日は小牧で、今日はここ」と仰るご年配の男性は、昨日も今日も違う店舗で聴いて下さり、それぞれのお店でバイオリン体験をしてお帰りになりました。

「バイオリンて、どれくらいであなたたちみたいに弾けるの?」

「おれ、買いたいんだけど」と仰りながら、多くの質問をされていました。

知らない内にリピーターのお客様が増えていて、それをお客さまの方から教えて頂きました。

感動でした。

昨日も今日もとても人懐っこいお客様が目立ちました。

本当にありがたいなーーと感動しました。