子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

活動日記

  • 活動日記
  • 2022.1.8(土曜日)

愛知県の大型商業施設で演奏させていただきました

DSC_0326_20220115064501会場には今日の演奏会の素敵なポスターが各所に貼られ、職員の方の意気込みが伝わってきました。

演奏会が始まる前から早めに場所を確保するお客様もいらっしゃいました。

プレ演奏が始まると席が埋まっていき立ち見の方もいらっしゃいましたので、担当者の方が椅子を増やしてくださいました。お客様の誘導もしてくださりとても助かりました。

親子連れが多かったので、一番初めに「ホールニューワールド」を弾きリーダーがステージ前に並んだ子どもたちの耳元で生音を聴かせました。どの子もじっと動かず静かに聴いてくださいました。親御さんが我が子を撮ろうと頑張っていらっしゃいました。子どもさんの様子を見ているとほのぼのとしました。

リクエストをいただく前にカエルの歌で輪唱を体験していただきました。コロナを気遣い声は出さず心の中で歌っていただき、カノンの曲を聴いていただきました。お客様は皆さん協力的でした。

リクエストではお客様はとても積極的であちらこちらから手が上がりました。1曲目に年の始まりに相応しい「威風堂々」がリクエストされました。

子どもさんの曲もリクエストされました。1歳に満たない子がお母さんの膝の上でニコニコして音楽に合わせピョンピョン跳ねて可愛らしかったです。

演奏後子どもたちは動物消しゴムをもらい嬉しそうに親御さんの元に帰られました。

2ステージ共聴きにきてくださったお客様もいらっしゃいました。

今日もお客様に支えられて無事2つのステージを終えることが出来ました。

コロナ禍で不便なことが多いですが、こうしてステージに立たせていただくとお客様の温かさ、優しさがより強く感じられます。お客様に支えられていることを実感します。

職員の皆様にも大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

(波多野)

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。