子育て支援の大切さを社会により広く訴えるため、精力的なバイオリンコンサートを開催しております。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

333件中 51〜60件表示

2018.3.7(水曜日)

豆苗の中華炒め

ゴマ油を入れてよく熱した中華鍋の中に、にんにくを入れてベーコンを炒めたら、適当な大きなにカットした豆苗を炒めて創味シャンタンで味を調えます。

安い、早い、美味い。三拍子揃った最高レシピです。

 

2018.2.28(水曜日)

豆苗の卵とじスープ

お湯が沸騰したら、好みの大きさで切った豆苗を入れて鳥ガラスープの素で味付けします。

再度沸騰したところへ溶き卵を入れますが、奇麗な卵スープにしたい時は予め卵一個に対して小さじ一杯の片栗粉と水を入れて良くかき混ぜておきます。みそコシに入れて鍋に落とすと、さらに奇麗な卵スープが出来上がります。白ゴマをふったら出来上がりです。

これで奇麗な卵スープができること、間違いなしです。手本は、下の「すくすくねっと」をクリックして見てね。

2018.2.21(水曜日)

キャベツのしゃぶしゃぶ

キャベツは芯を落とし、適当な大きさに切ってサッと湯にくぐらせてシナっとさせます。続いて豚肉のしゃぶしゃぶ用を湯にくぐらせて熱を通します。茹でた豚肉を適当に切って、キャベツと和えます。ポン酢をかけて召し上がれ。手本は下の「すくすくねっと」をクリックして見てね。

 

2018.2.14(水曜日)

ミックスコールスロー

薄切りにして水にさらした玉ねぎ、セロリ、キャベツ、ニンジン、ピーマンと全て千切りにして、塩と砂糖小さじ一杯ずつを入れて混ぜます。しんなりしたら、オリーブオイル大さじ3、酢大さじ3、を混ぜて出来上がりです。最後にコーンで飾って出来上がりです。手本は下の「すくすくねっと」をクリックして見てね。

2018.2.7(水曜日)

キャベツのごまポン酢和え

キャベツは千切りにして、ハムの千切りと一緒にします。すりゴマか練りゴマを少し混ぜて、ポン酢をかけて召し上がれ。これが安くて上手いんです。ポン酢はキッコーマンが料亭の味にいちばん近くて、是非お勧めです。手本は下の「すくすくねっと」をクリックして見てね。

もちいなり

市販の「いなり寿司のアゲ」を買い、アゲより少し小さめのお餅を入れてレンジでチンします。餅が膨らんだら、海苔で巻きます。料理の手本は、下の「すくすくねっと」をクリックして見てね。美味しくてすぐできるし、何と言っても腹もちがいいから、朝食やおやつにどうぞ。

2018.1.24(水曜日)

ピーナッツ団子

ピーナッツ40グラム、きな粉大さじ1、砂糖大さじ1をフードプロセッサーにかけて細かく砕いておきます。お正月に残ったお餅を適当な大きさに切って、柔らかくなるまで茹でます。上からピーナッツパウダーをたっぷりかけて、絡ませながら頂きます。

2018.1.17(水曜日)

アーモンドミルクのカボチャポタージュスープ

フライパンにバターを引いたら、玉ねぎのスライスを炒める。レンジでチンしたカボチャとアーモンドミルクを加えて、ミキサーで撹拌する。鍋に移して火が通ったら、コンソメキューブで味を調える。パセリを散らして出来上がりです。

2018.1.10(水曜日)

牛乳寒天

お正月で疲れた胃袋を、優しく労わってあげましょう。お水200CCを鍋にかけて、沸騰したら粉寒天を4グラム入れて2分ほど弱火で煮ます。そこへ砂糖60gを入れて溶けたら火を止めます。常温に戻した400CCの牛乳をゆっくり加えながら、よく混ぜましょう。柔らかい寒天が食べたい人は、後100CC牛乳を増やしても大丈夫です。容器に分けて冷蔵庫で冷やしたら、牛乳寒天のできあがりです。薄味のシロップをかけて召し上がれ。

2017.12.27(水曜日)

プレミアム豚汁

大根、ニンジン、ごぼうは大きめに切っておく。鍋にごま油をたっぷり入れてブタのバラ肉を入れ、両面に焼き色をつけるまで焼いてから取り出す。次は野菜を入れて炒める。酒、水、おろしにんにく、しょうがを加え、豚肉を戻して15分ほど煮ます。火が通ったらお好みの味噌で味を付けて、器に盛ったら分葱を添えて出来上がりです。