バイオリン演奏出張のお申込み(結婚式、祝賀会、ホームパーティetcに出張演奏します)は安心料金で明るく元気な私たちにお任せ下さい。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

276件中 241〜250件表示

2013.8.7(水曜日)

長田風・男のスナギモカレー炒め

スナギモは皮を取りのぞいて適当な大きさに切りビニルの中に入れたら、そこへ片栗粉を加えてよく振って下さい。 全体に片栗粉が馴染んだら、油で揚げしましょう。 取り出したら油を引かないでフライパンに移し、カレー粉、塩、ガーリック、粗挽きコショウ、化学調味料(味の素)を振り掛けて早めに炒め、最後にピーマンを入れてサッと炒めて皿に盛りましょう。 最後に、上から粉チーズを好きなだけ振って下さい。〇〇さん、最高に美味しいスナギモ料理になりますから、多目につくるといいですよ。

2013.7.31(水曜日)

長田風・男のスペアリブ

スペアリブ五本に対して玉ねぎ四分の一個、擂りにんにく一かけを用意。

下ごしらえで、フォークを何度も刺して穴を開けた肉と、玉ねぎの薄切りとおろしにんにく一かけ分をビニル袋に入れてまんべんなく揉んで冷蔵庫で一日眠らせる。

翌日、肉だけ取り出してフランパンで表面に適度な焦げ目だけサッとつけたら、肉が被るヒタヒタの水を足して一緒に漬けこんでいた玉ねぎ、にんにくも加え、酒、めんつゆ、はちみつ(砂糖でも可)で薄めの味(濃い味は×)を付けて中火から強火でぐつぐつと絡め煮していく。

好みで赤とうがらしを入れてもいい。

汁気がなくなるまで絡め煮したら、ちょうどいい加減の照り焼き味になっているか確認して味を調える。

溶けた玉ねぎがタレになって絡むのでシビレるほど美味しくて、〇〇さんの株が上がること保証付きよ!

2013.7.24(水曜日)

長田風・男のホウレン草炒め

ホウレン草はなるべく茎の細い物を選び、上、中央、下と三つに切り分けておく。

フライパンにごま油大さじ二杯を入れ、弱火でにんにく一かけのみじん切りを焦げないようにサッと炒めたら、強火にしてホウレン草の下の部分を入れてサッと炒め、中央、上の葉の部分と順に入れて手早く炒め、最後に「鶏がらスープの顆粒」(中華あじの顆粒でも可)を小さじ一杯入れて、あとは塩で味を調える。

注意することは、塩を入れ過ぎない事と炒め過ぎずに手早く仕上げる事。

三分もかからない、男が喜ぶ一品ですよ。

2013.7.17(水曜日)

長田風・男のサラダ

サラダ油大さじ1、ごま油と醤油は各大さじ2。

おろしにんにく小さじ1、白ごま適量、鶏がら顆粒少々(なければ味の素)でドレッシングを作る。

サラダの具は薄くスライスしたキュウリ、サラダ菜、茹でたエビを用意。

両方とも冷蔵庫でよく冷やしておき、頂く直前に和えること。

このサラダは酸っぱくないので、男が喜んで野菜をパクパク食べますよ。

食べた瞬間から、あなたのお家の「定番サラダ」にさせる自信有り!

2013.7.10(水曜日)

長田風すっぱい夏の鶏肉

鶏のもも肉一枚分の調味料=めんつゆ原液、料理酒、砂糖を各大さじ二杯ずつ。

そこに、にんにく一かけ、生姜ひとかけをおろして混ぜておく。

もも肉は適当な大きさに切って、ビニルに小麦粉と一緒に入れてよくふる。

フライパンに油をひいて、両面をきつね色になるまで焼いたら、その上から 調味料をかけてドロッとするまで煮詰めます。

味が薄いと感じる人は、めんつゆと砂糖を少々追加するといいです。

最後に酢を大さじ二杯いれて絡ませたら、お皿に盛りつけてタルタルソースをたっぷりとかけて刻みねぎと白ごまで飾りましょう。

食欲のない暑い日のおかずに、本当に最高ですよ。

2013.7.3(水曜日)

長田風・キムタラまぐろ丼

まぐろ200グラムは大き目のみじん切り、イカ刺し50グラムは千切り、キムチ100グラムは細かく切り、大葉10枚は千切り、タラコ大一本は袋から中身を取り出しておく。

これを全部ボールに入れて、ビニル袋をはめた手でよくかき混ぜて練る。

ご飯の上にかけて大葉の千切りと白ごまをのせたら、初めて味わう主婦ならではの味。

具だけで食べたら、お酒のつまみに最高。

見かけは悪いけど、すっごく美味しいから騙されたと思って作ってご覧なさい。

2013.6.26(水曜日)

長田風・夏温野菜

《カレーソース2人前の分量》

カップ一杯ずつの水と牛乳を鍋に入れて沸騰したら、バター30グラム、クリームチーズ30グラム、にんにくみじん切り少々、ひき肉100グラムを入れて最後にカレールーを割って入れてソースを作る。

ジャガイモは皮を剥いてラップに包み、レンジに4分ほどかけましょう。

アスパラやナスは茹でてもいいですが、サラダ油で素揚げの方が美味しいです。

玉ねぎは四等分の大き目に切って一枚ずつばらして茹でると、全体にサッと火が通ります。

ニンジン、ブロッコリーもサッと茹でて、歯応えが悪くならないよう冷ましましょう。

カレーソースを深めのお皿にたっぷり敷いて、その上に綺麗に温野菜を並べで頂きます。

ジャガイモと玉ねぎは、特にカレーソースに合いますよ。

2013.6.19(水曜日)

長田風マヨジャガたらこ

中くらいのジャガイモ二個の皮をむき、ラップで包んで電子レンジに4~5分かける。

ボールに移して熱いうちにバター適量、粉チーズ適量、コショウ、塩を混ぜてスリコギで叩いて潰す。

冷えたらタラコ一本とマヨネーズを入れて同じように潰して混ぜると、後で皮だけ取り出せる。

お皿に盛りつけて召し上がれ。

〇〇さん、美味しくてやみつきになるかも。

2013.6.12(水曜日)

長田風アサリの甘辛炒め

まず、ほんの少量の水溶きカタクリを用意しておく。

わけぎのみじん切りも同様に用意しておく。

フライパンに多めのごま油を敷き、にんにく1かけをみじん切りにした物と種を除いて揉み潰した赤唐辛子を入れて、アサリを800g約3人前も入れて強火で貝から身が出ないように優しく炒める。

貝が半分くらい開いたら、次に蓋をして口が完全に開くまで待つ。

短時間で口が開くので、貝から出たスープに≪中華だしか鶏がらスープの顆粒≫をほんの少々隠し味で入れ、醤油(赤みそでも可)と砂糖で甘辛く味を整える。

最後に片栗粉で適度なとろみを付けて、スープが貝によく絡まるようにする。

とろみが付き過ぎると最悪の状態になるので、水溶きカタクリは控え目に使うことが大切。

出来上がったら、わけぎを散らして召し上がれ。

〇〇さん、家族からのおかわり覚悟!

2013.6.5(水曜日)

長田風・超かんたん厚揚げ煮

用意するものは、薄く切った厚揚げ、糸こんにゃく、牛肉のばら肉、笹切りに切ったちくわとネギ。

好みの濃さに薄めためんつゆの中(具がひたひたにかぶるくらい)に、好みの量の砂糖を加えてネギを除いた具を全部入れ、煮立ったら炒るような感じで箸でかき混ぜながら少し味を浸みこませてください。

最後にネギを加えてかき混ぜたら、その直後に火から下ろしてお皿に盛り付けましょう。

すき焼き風の味でご飯がとても進む、美味しくて即できちゃうおかずです。