バイオリン演奏出張のお申込み(結婚式、祝賀会、ホームパーティetcに出張演奏します)は安心料金で明るく元気な私たちにお任せ下さい。

あったかいご飯をつくろう!

心のこもった家庭料理は、家族の心と体の健康につながります!

お料理レシピ

お料理レシピはメールマガジンでも配信しています!

すくすくメールは長田百合子氏が幼稚園やPTAの講演に行くたびに会員を募って、現在20000人以上の父兄や教師の携帯電話に平日の朝7時に無料配信しています。
「賢い子育て法」「お料理レシピ」「日本史」のメール配信とは別に、無料相談室「すくすくねっと」が添付されておりhttp://www.nihonkateikyoikusaiseikiko.com/bbs/joyful.cgi をクリックして匿名で悩みを相談すれば、2000組以上の家族の問題に係わった37年間の現場で得た長田百合子氏の「知恵」が満載!「すくすくメール」と「すくすくねっと」で、もう一人で子育てを悩むことはありません。下をクリックすればお申し込みは簡単!

すくすくメールの申し込みはこちら

258件中 241〜250件表示

2013.4.3(水曜日)

長田風ホントにお菓子みたいな卵焼き

Lサイズの卵二個につき大さじ1.5杯のクリーム チーズと同量のフレッシュクリームを入れて、泡だて器でしっかりかき混ぜる。 最初にクリームチーズとフレッシュクリームだけを混ぜて、よく溶かしておくといい。 そこに化学調味料(これを忘れないこと)を振り入れたら、しょっぱくならない様に注意して塩でうす味をつける。 小まめに味を確認しながら、少しずつ塩を加えて物足りない程度の味にする。 フライパンにバターを多目に溶かしておき、一番弱火で焦げないように気を付けて、かき混ぜながらていねいに焼く。 フレッシュクリーム、チーズ、バター、化学調味料の絶妙コンビが、お菓子みたいな味を作り出しますよ。 〇〇さんのお子さんが「美味しい」と唸るかもしれない自信作。

注意することは 薄味にすること … 焼くときに焦さないこと 焼いたら、キッチンペーパーで形を整えましょう。 本当にお菓子みたいだから、 是非作ってみて。

2013.3.27(水曜日)

長田風お菓子みたいなオムライス

大きなフライパンにバターを敷いてベーコン(鶏肉でも可)と玉ねぎを入れてサッと炒めたら、次に冷たいご飯を入れてよく炒める。 ケチャップを入れて(入れ過ぎないこと)よく炒めたら、コショー、コンソメ顆粒、塩で味を整える。 火を止めたら、最後に粉チーズをたっぷり振り掛けて全体によく馴染ませるのがミソ。 それを薄焼き卵に包んだら出来上がり。 但し、卵には一個に付きフレッシュクリームを大さじ一杯入れてよくかき混ぜ、焦げ目を付けないように薄く焼いてご飯を巻くのもミソ。 バター、コンソメ顆粒、粉チーズ、フレッシュクリームの絶妙のコンビが、なんとも幸せな味を作り出してくれます。 今までのオムライスとは断然違うはずなので、是非お試しを。

フレッシュクリームと卵のコンビ
コンソメと粉チーズとバターのコンビ
なんと素晴らしい相性でしょうか。
まるで「賢くんとゆり子さん」みたいです、、クスクス(*^_^*)

2013.3.13(水曜日)

長田風牛乳ゼリー

ゼラチンは別の食器に少量の熱い湯で溶いておくが、規定量の3分の2までの量に抑えて使うのがミソ。 ちなみに「すくすくねっと」にある写真は、規定量の6割しか使っていない状態ですので参考にして下さい。 1000ccの牛乳を鍋に入れて沸騰したら、ゼラチン、バニラエッセンス3、4滴、砂糖大さじ4杯、フレッシュクリーム大さじ4杯ほど入れて泡立て器でよく混ぜて、もう一度沸騰させる。 器に移して粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やす。 砂糖でシロップも作って、別に冷やして食べる時にかけて戴きましょう。 市販のシロップをかけるのもいいですよ。 甘さ控え目でアッサリして栄養たっぷりのゼリーですから、お子さんのおやつにピッタリですよ。 果物で飾りつけ方は、〇〇さんの腕次第ですね。

2013.3.6(水曜日)

長田風マッシュポテト

皮をむいたジャガイモをレンジでチンしたら、細かく潰す。 フライパンで多めのバターを決して焦がさないように溶かしたら、そこへ潰したジャガイモを入れてコンソメ顆粒を好みで入れ、牛乳を少しずつ加えながら柔らかく練っていく。 最後に塩で味を調えたら、簡単マッシュポテトの出来上がり。 レストランで食べる物なんて比較にならないくらい、〇〇さんの子どもが大喜びの美味しい一品になるはずです。 ジャガイモを潰す時点で裏ごしをして溶く牛乳の量を増やせば、チューブで絞って飾ることもできますよ。

2013.2.27(水曜日)

美味しさ逃がさぬ煮込みハンバーグ

合挽きミンチと玉ねぎのみじん切りは同量にして、パン粉、卵、調味料を各家庭の分量で加えたら、しっかりと練り上げて丸い形に整える。 まん中に「とろけるチーズ」を忍ばせると美味しい。 ビニール袋(食品用で沸騰に耐える物)の中にハンバーグ1つとケチャップ大さじ1とコンソメの素一個を入れる。 焦げ防止として鍋の底にまず皿を一枚敷き、そこに水を入れて沸騰したらハンバーグの入ったビニール袋を入れて上から落し蓋をする。 ビニール袋の中に引き肉と玉ねぎのスープがたっぷり出てきたころを見計らってお皿に盛りつける。 好みの野菜を添えて召し上がれ。 美味いのなんのって・・これぞまさしく主婦の味。

2013.2.20(水曜日)

長田風イカキャベツ焼き

キャベツは4分の1玉以上くらい千切りにしておきます。 イカは食べやすく切っておきます。 小麦粉を溶くときに、カツオの粉多目、干しイカ、干しエビ、青のり、みじん切りの紅ショウガなど全部入れ、さらに醤油を加えて少し薄めくらいの味を付けておくこと。 この時、小麦粉はドロッとせず少々水っぽいと感じるくらいで溶きましょう。 熱したフライパンに油を引いて、まず溶いた小麦粉を敷いて具を乗せる土台を焼きます。 その上にキャベツを一面に山盛りに敷き、次に天かすを一面に敷き、次にとろけるチーズを少なめに敷き、またキャベツを山盛りに敷いたら最後にイカをのせ、残った生地を上から均等に振り掛けましょう。 焦げないように気を付けて弱火で焼きますが、上からヘラでキャベツをよく押さえましょう。 片面に火が通ったかなと思ったらフライパン大の蓋を用意して右手に持ち、そこへフライパンからキャベツ焼きをそのまま移動させます。今度はその上からフライパンをかぶせたら、蓋ごとクルッと1回転。 フライパンの下側には、簡単に焼けていない面が乗ることになります。 また上からヘラでよく押さえつけて、形を整えましょう。 この作業を3度ほど繰り返しますと、イカキャベツ焼きのできあがり!上からマヨネーズとお好み焼き専用ソースをかけて食べると美味しいですよ。

2013.2.13(水曜日)

長田風ハクサイびっくりサラダ

ハクサイの葉一枚ごと沸騰した湯の中に芯の方から入れて10秒ほどくぐらせたら、すぐに冷水に付けて冷ましましょう。 何枚もこの手順で繰り返し、重ねて縦に半分、横2センチくらいのざく切りにして水気をしっかり絞り、冷蔵庫に小分けしてとっておきます・・これをAとします。 調理法は盛り沢山。 ボールに移したAに、ゴマ、マヨネーズを加えてよく混ぜて、最後にめんつゆで・〇〇さんの好みの味に調えましょう。 これで十分に泣ける味なんだけど、そこに油分を切ったツナ缶と春雨を混ぜたらもっと泣ける。 Aにナメ茸一瓶ぜんぶ絡ませても相当泣けるし、茹でて冷やした牛肉を加えてポン酢で味付けしても料亭並の味になる。 豚肉を好みの濃いめの味で炒めておいて、そこへAを入れてサッと絡めたくらいで皿に盛る。 茹でたハクサイは何にでもマッチして、本当に美味しいんですよ。

2013.2.6(水曜日)

長田風インスタントめん・その2

≪担々豚骨ラーメン≫
マイクロ焙煎した白ごまを、すり鉢の中に入れて一層細かく擂ります。 それをマルちゃん正めん豚骨味ラーメンの規定通りの水の中に入れ、練りごまも好みで入れてラーメンを作り、盛りつける時にキャベツとニラともやしの炒めた物を少々のせ、その上にラー油で絡めたをネギをのせます。 その辺のラーメン屋さんに負けないくらい、栄養たっぷりの美味しいラーメンができますよ。 お夜食にどうぞ。

2013.1.30(水曜日)

長田風インスタントめん・その1

美味しいインスタント食品が出ていますが、特にお勧めなのが東洋水産の「マルちゃん焼きそば三袋入り」。 キャベツは芯や固い部分は葉から丁寧に取り除いて一口大の大きさに切ります。 もやし、ピーマンなど、野菜をお好みで用意します。 まず熱したフライパンに豚肉を炒めて火が通ったら、次に野菜を入れたら塩コショウをほんの少し加えてサッと炒めて下さい。 この時、野菜は決して炒め過ぎないで下さい。 別のフライパンでマルちゃん焼きそばだけを炒めますが、その際にタコ焼きなどに入れる「かつお粉多目、小さくハサミで切った干しイカ、干しエビ、青のり、天かす」などを加えよく炒めたら、粉の焼きそば専用ソースをからめて焼きそばを作ります。 ここでミソ! 炒め上がった焼きそばに、別の市販で売っている「焼きそば専用ソース」を少し加えて最後にもう一度カラッとよく炒め、ほんの少々濃い味の焼きそばにしておくのがミソです。 温めたお皿に、先に炒めた汁気を切った野菜、焼きそば、野菜、焼きそば、野菜と順序良く重ねて盛ってください。 上から紅ショウガと海苔をかけたら、べとつかない、とてもさっぱり味の美味しい焼きそばが出来上がりますよ。

2013.1.23(水曜日)

じゃがいもまんじゅう

まんじゅう…じゃがいも300g 片栗粉・大さじ4~5・塩少々・バター20g、サラダ油大さじ1。 中にとろけるチーズを入れても美味しいです。
タレ・・・醤油と砂糖同量で煮詰めて、焼いたじゃがいもにハケで塗る。 海苔で巻いて召し上がれ。
ジャガイモの皮をむき、おろし器ですりおろします。 ボウルに網を重ねてのせ、キッチンペーパーを敷き、すりおろしたジャガイモの水分をなるべく取りましょう。 塩と片栗粉を加えて、スプーンでよく混ぜ合わせます。 フライパンにサラダ油、バターを入れて弱火にかけ、小判形にした生地を焼きます。 焼き色がついてパリッとしたらひっくり返し、反対側もパリッと焼きます。 タレを両面に塗って、海苔で挟んで頂きます。